「障がい者グループホーム」について調べてみました。No.2

この記事は約 5 分で読むことができます。

皆さんこんにちは。Pinkです。

少し前に「障がい者グループホーム」について調べてみましたという記事を書いたのですが、今回は、「障がい者グループホーム」の現状について、さらに深く掘り下げて調べることにしました。

「障がい者グループホーム」の費用や料金について

令和元年度の実態調査によると、障害者グループホーム」は日本全国に5,700件以上あるとのことです。グループホームによっては、環境や料金、利用出来る人が違うので、気になったグループホームは前もって連絡をした上で、一度見学してみると良いとのことです。

また、グループホームの利用には、障害者総合支援法が定める「障害福祉サービス利用料」が発生するそうです。

この「障害福祉サービス利用料」は全額負担ではなく、規定として1割負担になっていて、前年の所得()にあわせて、自己負担額の最大限度額が設置されているとのことです。

)…  18歳以上、利用者とその配偶者の収入

負担上限月額は下記の通りとなります。

  負担上限月額
生活保護 … 生活保護受給世帯 0円

低所得 … 市町村民税非課税世帯

3人世帯、障害者基礎年金1級需給の場合、収入がおよそ300万以下の世帯が対象となる

0円

一般1… 市町村民税課税世帯

(所得割16万円未満→収入がおよそ670万以下の世帯が対象となる)    

20歳以上の入所施設利用者、グループホーム利用者を除く   

9,300円
一般2… 上記以外 37,200円

以上となります。

その他にも条件によって減免があるので、各行政に確認するといいようです。

その他にも、グループホームの利用にあたって、「家賃補助制度」を利用することが出来るとのことです。対象者については、「市町村民税非課税世帯」または「生活保護を受けている人」となり、事前に申請することで、下記のような補助が受けられるそうです。

受けられる補助

① 家賃が1万円未満の場合…実費を補助

② 家賃が1万円以上の場合…1万円を上限に補助

参考サイト:障害者グループホームとは? – LITALICOワークス

「障がい者グループホーム」の現状

「障がい者グループホーム」の現状をネットで調べる中で、NHK福岡のサイトを読んでいると、驚くことが書かれていました。「障がい者グループホーム」で「言葉」や「態度」の「虐待」が行われているというのです。

虐待が行われているとされた施設は、「精神障害」のある人達が共同生活を送るグループホームで、取材を行った記者はこのホームの業務記録を入手します。

業務記録に、「利用者の昼食の準備がされていなかった。いつの日からか不明」という記述を見つけた記者は、取材を進め、当時の状況を知る元職員から話を聞くことが出来たそうです。

元職員の話によると、利用者は精神障害があり、心身の調子がすぐれず作業所の仕事を休むこともあるのですが、そういう人達に対して、代表は「わざと休んでいるだろうからごはんを食べるな」と言うこともあったそうです。

それを聞いた利用者は不安になり、夜になって思い出して眠れなくなったりと、さらに具合が悪くなってしまうこともよくあったと言います。

スタッフ達は、こうした行動を改正するよう、何度も代表に申し入れたそうなのですが、聞き入れられなかったそうです。

NHKの記者は、「障がい者グループホーム」の所在地で、開設を認めた久留米市を取材しているとのことです。

勿論、私は「障がい者グループホーム」全てで、このようなことが起こっていると思いませんが、入居を希望する場合は、希望している「障がい者グループホーム」について事前に調べたり、見学に行くなど、慎重になる必要はあると思います。

参考サイト:障害者”虐待” 届かぬ声 – NHK

「障がい者グループホーム」のメリットとデメリット

障がい者グループホーム」のメリット・デメリットには下記のことが挙げられています。

メリット
① 自分らしい生活を送ることが出来る

② 家庭的で多くの意思疎通が出来

③ 自立を目指し自分でしようという気持ちを培うことが出来る

④ 必要な支援を受けることが出来る

デメリット
① 医療ケアを専門にしていないグループホームが多い

② 施設や人数が少ないので入れないことがある

③ 保険制度が使用されないので入居費用の負担が大きくなる

④ 障害の度合いによっては入居出来ないことがある

⑤ 障害や性格によっては溶け込めない場合もある
以上となります。

参照・参考サイト:
障害者グループホームのメリットデメリットを解説!

「障がい者グループホーム」に入居することだけでなく、何をするにしても必ず、メリット・デメリットはあると思います。だからこそ、どうするか決めるには難しい部分もあると思いますが、「自立」ということに焦点を当ててみてはどうでしょうか。

関連記事

noteでも記事を書いているので、よかったら読んでみて下さい!

HOME

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。