電動キックボード。〜緩和された法律で危ぶまれる障害者の立場〜

この記事は約 9 分で読むことができます。

今日は、翼祈(たすき)です。

電動キックボード、今度から運転免許やヘルメットの義務化などは無くなりますね。

今回は新たに法律が緩和される電動キックボードのメリット・デメリットを、障害者の私の観点も入れて、お話しさせて頂きます。

令和4年度より警察庁、電動キックボードについて規制を大改革に転換 16歳以上免許不要 ヘルメットも個人の意向を尊重

警察庁は、これまで「原付バイク」と同じ扱いとされていた、電動キックボードに関して、これまで認めて来られなかった時速20キロ以下で走行するタイプであれば、16歳以上の場合、運転免許を不要とする方針を固めました。

警察庁によると、全体的な大きさが自転車と同じぐらいで、最高速度も時速20キロ以下しか出せないタイプの電動キックボードに関しては、16歳以上であれば、運転免許がなくとも乗れるようにするといいます。今後も、15歳以下は、公道では電動キックボードは使用出来ません。

現在、電動キックボードに関して、公道を使用する場合、「原付バイク」と同じ属性となっていて、運転免許が必要とされていました。今後は、「自転車」と同じ扱いになるといいます。

今まで同様、ナンバープレートとサイドミラーの装着は必要となる可能性もあります。ヘルメットの着用については任意で着用となります。車道での走行が原則で、時速6キロまでに制御して、走行時速が電動キックボードに表示できるシステムがついていれば、歩道を走ることも可能とします。

警察庁は、令和4年度の2022年の通常国会に、道路交通法の改正案を提出する考えです。ヘルメットの着用については、自転車と合わせて努力義務とする見通しです。

電動キックボードのメリット

メリット

●騒音や排気ガスが無い、手軽に乗れる

●駐車場など置き場所に困らない・持ち運びも可能、移動が速くて小回りが効く。電車への持ち運びができる

●「燃料費」が安くメンテナンスの手間も少ない

●電動自動車より安く、充電が簡単

●人混みを避けられる、エコで安い

電動キックボードのデメリット

デメリット

●長距離の移動には不向き

●雨の日に乗れない

●走行距離を気にしながらの移動になり、故障やパンクが不安

●重たい、大きい

●運転中両手が塞がり、荷物が持てない

●鍵などがない為、盗難が心配

●駐車する場所に困る

何となくイメージ的にも、荷物は乗せられないと思っていましたが、やはりそうだったんですね。多分バイクの荷物が乗せられないタイプと思って、正解なんでしょうか?小回りが効くと言われてますが、身近では観た事ないです。

維持費

画像・引用:電動キックボードの維持費用はいくら掛かるの?|自賠責など 電動キックボード参考サイト

電動キックボードのタイヤ

タイヤのタイプによって乗り心地などが変わってくるそうなので、参考記事を置いておきます。

参考:話題の電動キックボードのタイヤについて徹底解説! iMove

その後、

2022年3月4日付の改正案では、これまで原付バイクと同じ扱いだった電動キックボードについて自転車と同じくらいの大きさで最高速度20キロ以下であれば、運転免許がなくても16歳以上は乗ることができます。

16歳未満が乗ったり、提供した業者は、懲役6か月以下または10万円以下の罰金が科せられます。ヘルメットは、全ての自転車利用者と同じように努力義務となります。

【速報】電動キックボード 運転免許は不要 道交法改正案決定 16歳未満は運転禁止 FNNプライムオンライン(2022年)

電動ボード新分類、罰則も 道交法改正案閣議決定 産経新聞(2022年)

2023年7月1日、

画像引用・参考:電動キックボード 法改正で「ナンバープレート」「自賠責保険」は?「歩道」は走れるの? 16歳以上は運転免許なしで走行可能に… テレビユー山形(2023年)

都心部をメーンに利用が拡大している電動キックボードが、2023年7月1日から自転車相当の扱いに法改正されました。

警視庁が危惧するのは、最高速度で走行できるエリアが違う点です。電動キックボードの法改正前の事前の講習会では3種類の電動キックボードを提示し、「見た目はほとんど同じ電動キックボードですが、歩道走行に使える車体はこの中で1台だけです。時速6km超のスピードが出せる電動キックボードでは歩道を走れません」と説明しました。

時速20km超のスピードが出せる電動キックボードは従来通り運転免許が必要となり、ヘルメットの着用は義務化されています。原付きバイクと同等扱いされます。

新しい電動キックボードの区分となる時速20km以下の「特定小型」と時速6km以下の「特例特定小型」では、16歳以上の人なら運転免許持たなくても運転ができて、ヘルメットは努力義務となります。歩道を走れるのは時速6km以下の「特例特定小型」だけです。

新しい電動キックボードの区分を見分けるポイントは車体の前後に付いた「緑のランプ」です。「緑のランプ」が点灯したままの電動キックボードの制御は最高時速は20km以下で、歩道は走れません。「緑のランプ」が点滅している電動キックボードは最高で時速6kmまでしか出せず、自転車通行可の標識がある歩道での運転もできます。

警視庁は、電動キックボードの事故を防ぐためにも、歩行者や自動車のドライバーにも法改正後の電動キックボードの交通ルールを理解して頂くことが不可欠とした上で、「自転車と似た感じの走行をする乗り物は、電動キックボードだと思って気を付けて欲しいです」と発信しています。

原則として、電動キックボードは車道の左端側に沿って走行しなければならず、右側を通行してはできません。

ですが、車道の構造上の最高速度が時速6km以下で、最高速度表示灯の「緑のランプ」を点滅させているなどの「特例特定小型電動キックボード」は、自転車が通行できる歩道を例外的に走行可能です。

参考:電動キックボード、走れるのは歩道?車道? 7月から新交通ルール 朝日新聞デジタル(2023年)

専門家は、「ナンバープレートの取得も必要で、自賠責の保険にも加入しなければなりません」と言い、市町村が発行するナンバープレートの取り付けや、事故に備えた自賠責保険への加入が電動キックボードて走行するには必須の条件です。

ナンバープレートの取得以外にも、ウインカー、ライトの装備なども必要です。

ナンバープレート、ウインカー、ライトの基準をクリアしている電動キックボードには、「性能等確認済シール」などが貼られているので、販売店で購入する時には、「性能等確認済シール」が貼っているものを選んで下さい。

今回の法改正で、電動キックボードの利用者の急増が見込まれる反面、交通ルールを熟知していない人が電動キックボードを利用し、事故や違反が増える指摘があります。

2022年9月には、東京都で酒気帯び運転の男性が乗った電動キックボードが車道に転倒し、亡くなる事故が発生しました。

もし、交通ルールを怠ると罰金などが科されます。酒気帯び運転や信号無視など道交法に違反する行為は罰則の対象です。

罰則は、交通違反をした場合はいわゆる「青切符」の対象で、反則金の納付が要求されます。

警察庁は、「特定小型電動キックボード」の交通違反として通行区分違反や信号無視以外にも、スマホを使いながら走行した場合など、17の違反項目を指定し、この様な違反を繰り返したケースでは、専用の電動キックボードの講習の受講が求められます。

警察庁によりますと、2021年9月から2023年5月末までに電動キックボードでの交通違反の検挙件数は日本各地で2949件で、そのほとんどは歩道走行などの通行区分違反だということです。

電動キックボードの利用者の増加が見込まれることを受け、日本各地の警察では交通ルールの周知や電動キックボードで走行する時の取り締まりを強化しています。

 

関連記事

「免許不要」になった電動キックボード、事故や違反増に懸念 7月1日ルール緩和、便利さアップの一方で 東京新聞(2023年)

参考サイト

障害者として不安なこと

調べていたら今まで電動キックボードは免許やヘルメット必要、歩道も走行禁止だったらしいですが、これからはそれがなくなります。私は左耳に聴覚障害があるので左側に電動キックボードが来た時、反応出来ない場合がある事も今後出て来るかもしれません。

騒音もあるのかなと検索したらそれもないみたいなので、聴覚障害は勿論、視覚障害のある方にとっても、電動キックボードが近くにいる事に、気付かないかもしれません。

最初は「私みたいに免許なくても乗れるなんて凄く便利」と他人事の様にしか思っていなかった私。私はまだ近くで電動キックボードの方は見かけた事がありませんが、そういう聴覚・視覚という点では気を引き締めたいと思いました。



noteでも書いています。よければ読んでください。

→HOME

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

左耳感音性難聴と特定不能の発達障害(ASD,ADHD,LD全ての要素あり)、糖尿病、甲状腺機能低下症、不眠症、脂漏性皮膚炎などを患っているライターです。映画やドラマなどのエンタメごと、そこそこに詳しいです。ただ、あくまで“障害”や“生きづらさ”がテーマなど、会社の趣旨に合いそうな作品の内容しか記事として書いていません。私のnoteを観て頂ければ分かると思いますが、ハンドメイドにも興味あり、時々作りに行きます。2022年10月24日から、AKARIの公式Twitterの更新担当をしています。2023年10月10日から、AKARIの公式Instagram(インスタ)も2交代制で担当。noteを今2023年10月は、集中的に頑張って書いています。昔から文章書く事好きです、宜しくお願い致します。