セルフラブのススメ

自己愛

この記事は約 4 分で読むことができます。

知ってる?「セルフラブ」

突然ですが、「セルフラブ」という言葉を知っていますか?

聞いたことがない、という方も多いと思います。

かくいう私も、最近まで聞いたことがなく、知らなかった言葉です。

今回はそんな「セルフラブ」について体験談を交えながら書いていこうと思います。

私の体験談〜セルフラブってなんだろう?〜

私は緊張する場面や、人が大勢いる場面がとても苦手です。

そんな場面で時々、動悸や息切れ、眩暈などの症状が出て、動けなくなってしまうことがあります。

そんな時、「早くなんとかしないと」と考えると決まって症状は悪化するのです。

それなら、と私は逆のことを考えることにしました

辛いね」「大丈夫だよ」「ゆっくり休んだら治るからね」と優しい言葉をかけながら、自分の体をさすったり頭を撫でたりしてみました。

そうすると、不思議と症状が軽くなったのです。

その話を知人にしたところ、「それはセルフラブというものだよ」と言われました。

セルフラブってそもそも何?

セルフラブ」とは一体何のことなのでしょうか。

直訳すると「自己愛」や「自分で自分を愛すること」となります。

自己愛、と書くとナルシズムのようですが、それとは違います。

人は誰でも「無条件に受け入れられたい、愛されたい」という願望を抱えています。

ありのままの自分を受け入れ、愛して欲しいということですね。

それを自分で叶えてあげるのが「セルフラブ」です。

言い換えるなら、自分で自分を認めて肯定してあげること大切にしてあげること

これが「セルフラブ」です。

セルフラブを実践することで、自己肯定感が高まったり、自分を大切にすることに繋がったりと、良いことがあるようです。

やってみよう、セルフラブ〜行動編〜

では、実際に「セルフラブ」を実践するにはどうしたら良いのでしょうか。

自分を愛そうと思ってもいきなりは難しいですよね。

具体的にどういう時、どんな風にすると良いか、私の経験から書き出してみます。

 

例えば、あなたは今、一日を終えてとても疲れているとします。

そんな時、「疲れたね。今日も一日お疲れ様」と声に出して労ってみてはどうでしょうか。

また、例えばあなたは今日、とても辛いことがあったとします。

そんな時、「辛かったね。苦しいね。大丈夫だよ」と声に出して寄り添ってみてはどうでしょうか。

そして、頑張っている自分、疲れている自分の体や頭を優しく撫でてみましょう

これだけのことで、少し疲れや辛い気持ちが癒えると思います。

やってみよう、セルフラブ〜考え方編〜

前項では、行動でセルフラブを実践する方法について書きました。

行動での実践に慣れてきたら、次は考え方について意識してみると良いと思います。

普段、あなたは自分に対して「こんな自分はダメだ」「○○ができない自分が好きになれない、嫌いだ」というような考えを持っていませんか?

それは条件付きでしか自分を愛せていない、許せていない証拠です。

意識して「できなくても頑張っている自分」を認めてあげることで、自分で自分にストレスをかけにくくなります。

最初はとても難しく感じると思います。

なのでまずは、他の人に言葉をかけるときのような気持ちで、自分自身に接するイメージを持つとやりやすいかもしれません。

慣れてくれば、自分自身に優しく接してあげられるようになるはずです。

終わりに

いかがだったでしょうか。

私の知人や友人の中には、自己肯定感を高めるのが苦手で、つい自分を責めてしまう性格の人が何人かいます。

私自身、自分が相手だと些細な失敗でも厳しく捉えてしまいがちで、自分を責めてしまいがちです。

真面目さや責任感の強さの表れでもあるとは思いますが、何事も程々がちょうど良いものです。

普段些細なことで自分を責めてしまいがちな人ほど、セルフラブを意識することに意味があるのではないか。

意識することによって、感じている生きづらさが少し和らいでくるのではないか。

そう思って今回は筆を取らせていただきました。

最後まで読んでくださりありがとうございました。

参考サイト

・自己愛(セルフラブ)とは?

https://selfcompass.jp/selflove_140124/

・【今日からできる】セルフラブの始め方

https://janepublishers.com/2020/05/15/howtostartlovemyself/

HOME

自己愛

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です