週休3日制にした会社は、社内がどう変化した?

週休三日

この記事は約 5 分で読むことができます。

こんにちは、金次郎です。

 去年の10月に「遂に週休4日制の会社現る!」と言う記事を書きました。

遂に週休4日制の会社現る!

 この記事に書いている様に「みずほフィナンシャルグループ」が週休3日もしくは4日を選択式で社員が選べる形式で導入しました。
 週休4日は極端な例ですが、現在の土日休みの週休2日に1日増やした週休3日制を取り入れる会社が増えています。
 私が新卒で入社した会社も、去年4月の緊急事態宣言を契機に全社テレワーク(在宅勤務)にした上に、土日に加えて月曜も休みの週休3日制にしました。
 過去、高度経済成長期に「働き過ぎな日本人」と海外から揶揄された事がありましたが、休みを多くしても会社の経営は成り立つのでしょうか?

週休3日制を打ち出した理由

 先に書いた「遂に週休4日制の会社現る!」の記事に書いていますが、週休2日制は松下電器産業(現:パナソニック)が1965年にやり始め、1992年に国家公務員も週休2日になった事で、日本の全ての業界・職種で週休2日になりました。
 今、日本企業が週休3日制を言い出している会社が多いのは、イギリス・フランス・オランダ等、ヨーロッパ各国で週休3日制を取り入れている国が増えているからです
 また、南半球ニュージーランドのアーダーン首相も「週休3日にすれば観光業が潤う」と導入に積極的ですし、更には北欧フィンランドのマリン首相は、非公式ながら「1日6時間勤務」にまで言及しています。

週休3日制にした会社は、どうなった? 

 週の真ん中、水曜日を休みにして週休3日にしている「600株式会社」
 この会社はオフィス向け無人コンビニ「600(600種類の品ぞろえ)」を展開している会社でして、新型肺炎で外出したくないニーズを踏まえて2021年4月からはマンション向け無人コンビニも始めています。
 何故、週の真ん中の水曜日を休みにしているのかを社長に聞くと「水曜を休みにすれば勤務日が、全て休み明けか休み前日になります。月曜日に出社しても、2日働けば休みになると思うと気が楽になり、常に高いモチベーションで働けます。」と言い「週休3日にした事で、ストレスが少なくなったからか、社員同士の仲が良くなりました。」とも付け加えました。
 また、日本マイクロソフト社は試験的に週休3日を導入したところ、労働生産性が40%上昇したそうです。
 オークランド大学の研究者がニュージーランドの金融サービス会社の社員にした調査では、週休3日制にしたら社員の生産性が20%向上し、ストレスレベルも軽減したという結果が出たそうで上記社長の見解を証明しています

経団連も動き出す

 これら、民間企業の動きに加え経団連も、現在の新型肺炎の流行を考慮して公共交通機関の混雑緩和策として、テレワーク(在宅勤務)や時差出勤の奨励に加えて週休3日制導入の検討を始めました。
 既に、ユニクロを展開するファーストリテイリング社は、転勤が無い「地域限定正社員」に週休3日の選択肢を与えていますし、大手企業では東芝やワコールなどが週休3日実施を表明していますが、経団連は大企業だけでなく中小企業も合わせて、日本の全ての会社で週休3日制にしてしまおうとしています 

週休3日制に問題点は無いのか?

 1番の問題点は、勤務時間が減る事によってお給料も減らされる可能性が有る事です。
 先に書いた様に、週休3日制にすると生産性が上がる事が証明されていますので、当然利益も上がるでしょう。
 問題は、その利益を社員に還元してくれるかです。
 還元してくれれば給与額は維持されるでしょうが、会社によっては「休みが増えて、勤務時間が減ったから」と給与を減額した会社も有ります。
 今般、あらゆる業界の会社で週休3日制が検討され始めた背景には、新型肺炎の流行で通勤日を減らして社内での三密を避ける意味合いから、検討を始めた会社が多いからでしょう。
 しかし通勤日が減れば、先ず通勤手当が減ります。
 私が新卒で入社した会社の様に、全社員テレワーク(在宅勤務)に移行した事で通勤手当そのものを廃止した会社もあります。
 先出しのファーストリテイリングや東芝は、出勤日を減らしましたが出勤日の労働時間を長くして週40時間勤務を維持していますので、お給料は減らされないと思います

終わりに

 私が新卒で入社した頃は「花金(はなの金曜日)」と言って、翌日土曜日は休みなので、会社の同僚と飲み屋街に繰り出し深夜まで居酒屋で飲んで騒いでいました。
 しかし今は新型肺炎のせいで、飲み屋さんも夜8時以降はアルコールを出せませんし、テレワーク中心になり会社の仲間と飲みに行く事も少なくなったでしょう。
 ですから、いくら会社が週休3日制にして休みを増やしたからと言っても、飲み屋街のお店の経営は苦しいままだと思います。
 また、上に書いた様に休みが増えた分お給料が減らされたとなると、飲みに行くどころか生活自体が苦しくなるかも知れません。
 それを考えると、週休3日制で休みが増える事を手放しで喜んで良いものか?考えてしまいます。

参考元

・週休3日制になると生産性は上がるのか?導入企業に聞いた(日刊ゲンダイ)
 https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/life/288588

パニック障害や聴覚障害の当事者目線のWebライター金次郎のおすすめ記事を紹介!

HOME

週休三日

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です