「国際幸福度ランキング」-7年連続1位のフィンランド

「国際幸福度ランキング」

この記事は約 4 分で読むことができます。

皆さんこんにちは。Pinkです。Yahooニュースで読んだ、Forbes JAPAN の記事に、世界幸福度ランキング、若者の間に広がる「中年の危機」を報告がありました。

3月20日は国連の「国際幸福デー」とのことで、2024年版の「世界幸福度報告書」が発表されたのですが、なんと‼︎7年連続で「フィンランド」がとなったそうです。

また、2020年〜2023年のランキングと同じく、北欧各国が上位を占める結果となっているとのことです。

昨年「note」で「最も幸せな国フィンランドの幸せの秘訣」という記事を書いた私は、今回7年連続ということを知って驚きました。と同時に羨ましくもあります。

「国際幸福度ランキング」はどうやって決まるのか

国際幸福度ランキング」ですが、143カ国もの地域を対象に行われているこの調査では、ギャラップ世界世論調査などが集めたデータ、下記の6項目に関する「幸福度」を測定して順位を決定しているとのことです。

6項目の内容

① 社会的支援

② 1人あたりGDP

③ 健康

④ 選択の自由度

⑤ 寛容さ

⑥ 認識されている腐敗の程度

参照:世界幸福度ランキング、若者の間に広がる「中年の危機」を報告

以上となります。

また、国連の持続可能な開発ソリューション・ネットワークや、大学などが協力して調査が行われているとのことです。そのような中、今回アメリカは前年の15位から過去最低の23位となったそうです。

それでは、日本はどうなのでしょうか。記事を読んでいくと、日本の順位は51位でした。私は予想より高く感じたのですが、143カ国の中の51位は高いのでしょうか、低いのでしょうか。皆さんはどう思いますか?

今回の調査で分かったこと

2012年に初回のランキングが発表されて以来、アメリカが初めて上位20カ国から外れる結果となった主要な理由として、30歳未満で62位といったように、若年層の「幸福度」が特に低下していたことが挙げられているとのことです。

また、アメリカとは逆に今回の調査で、30歳未満の「幸福度」が高かったコスタリカ12位リトアニア19位に入っており、ポルトガルギリシャでも年上の世代より若者の「幸福度」の方が高かったそうです。

その一方で、60歳以上の「幸福度」では、「デンマーク」が1位となっています。

この年齢層でアメリカは10位に入っており、報告書によると、高齢者の方が若者より「幸福度」が高い傾向は、ノルウェースウェーデンドイツフランスイギリススペインなど、その他の国にもみられているとのことです。

今回記事を読むまでは、「国際幸福デー」「幸福度」と聞いてもあまり深く考えることはなかったのですが、若年層と高齢者の「幸福度」の違いなどもわかり、とても興味深いものだと思いました。

ぜひ来年の「国際幸福度ランキング」には注目したいと思います。

「国際幸福度ランキング」上位20の紹介

順位

国名

順位

国名

フィンランド

11

ニュージーランド

デンマーク

12

コスタリカ

アイスランド

13

クウェート

スウェーデン

14

オーストリア

イスラエル

15

カナダ

オランダ

16

ベルギー

ノルウェー

17

アイルランド 

ルクセンブルク

18

チェコ共和国

スイス

19

リトアニア

10

オーストラリア

20

イギリス

参照:世界幸福度ランキング、若者の間に広がる「中年の危機」を報告

以上が上位20位となります。その結果を見て、自分が行ってみたい、憧れている国が5つも入っていたので、嬉しくなりました。

来年も1位は「フィンランド」になるのでしょうか。そして、日本が上位20位になる日は来るのでしょうか。

参考サイト:世界幸福度ランキング、若者の間に広がる「中年の危機」を報告

関連記事

noteでも記事を書いているので、よかったら読んでみて下さい!

HOME

「国際幸福度ランキング」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。