ヴィーガン給食。〜とある小学校の取り組みと、2022年はお中元やレシピ開発も増加傾向へ〜

この記事は約 7 分で読むことができます。

こんにちは、翼祈(たすき)です。卵や魚、肉などを摂取しない「ヴィーガン」という食文化。日本でも多くの有名人が取り入れたりと、世の中に浸透しつつあります。

そんな「ヴィーガン」を給食に2ヵ月に1回のペースで取り入れている小学校が、東京都内にあります。またお中元や、レシピ開発などでも、「ヴィーガン」が拡がっています。今回は2022年のトレンドも取り入れて、「ヴィーガン」についてお伝えしていきます。

とある小学校の校長、【ヴィーガン給食】への想い

肉や魚、卵など動物性食品を全く摂取しない「ヴィーガン」という食文化が世間で注目され出している中で、東京のとある小学校では【ヴィーガン給食】の提供がスタートしました。2カ月に1回の定期的なペースでの提供は公立校で初のことです。全員でなるべく同じものを食べられるよう工夫されたこの給食の時間は、他の人が食べるものを重んじ、食べるものを自分の意思で決定し、食への大事さを知る、この小学校は実り豊かな食生活の研究の場になっている様です。

4時間目の授業の終わりを告げる鐘が鳴り始め、給食当番が準備を開始しました。小学校のこの日の献立は「ライス、なめこの味噌汁、味噌炒めの生揚げ、ごま風味の茎わかめ」。いつもの牛乳の代用には林檎のドリンクで、約605キロカロリー。今年2021年度からスタートした2カ月に1回の取り決めである『エブリワン・ヴィーガン給食』は公立校では初となる恒例の取り決めです。

学校では児童の食物アレルギーの状況を管理し、食品アレルギーを持っている子ども達にはアレルゲンを無くした「除去食」の給食を日々提供しています。月に1回程度だった「エブリワン給食」の日は、幅広いアレルゲンへ臨機応変に対応した食事を提供し、なるべく全員が同じものを好きなだけ食べられるべく多様性を重じてきました。さらに世間一般の食の多様性と環境について配慮するカタチにしたいと、以前からあった取り決めを『エブリワン・ヴィーガン給食』に進化させ、この日は動物性の食材も使用しませんでした。

『エブリワン・ヴィーガン給食』にこの小学校が辿り着くまでには、アレルゲンや宗教上で食べられない食品があっても、全員が平等に安心して食べられるものを完備し、「おいしいね」「うん」と笑顔になれる様に、との願いが含まれています。

参考:「ヴィーガン給食」採り入れた公立小学校 みんなで食べられ、みんながおいしい 朝日新聞GLOBE+ (2021年)

環境保護や動物愛護の思考については、あえて子どもたちに積極的に考えて貰う機会は作っていません。この小学校の校長の女性は「必要なカロリーやたんぱく質が必ずしも動物性のものでなくても十分摂取できることをまず知ってもらうことが大切です。自分だけでなく、身近な人、健康、地球環境などいろいろな条件を考慮しながら、その日食べるものを自分の意志で選びます。主体的に生きられる大人になるための食育だと思います」と話します。

 

※この小学校の関係者の方のコメントより、ヴィーガン給食は2022年度から廃止になったとご連絡を頂きました。その事をコメントを頂くまで存じ上げなくて、誤った情報を載せてしまい、申し訳ございませんでした。

ヴィーガンお中元登場

お中元の話題で、宮城県仙台市青葉区の仙台三越では2022年6月14日、お中元ギフトセンターがオープンし、オープンと同時に沢山の人がお中元の予約来ていました。

2022年は毎年幅広い人気を誇る笹かまぼこや牛タンなど宮城の名産品や、この夏にもってこい宮城県内産の食材を使用したジェラートなど2400点以上を多数用意。

仙台三越によれば、2021年の自宅用のお中元の売り上げはコロナ前に比べて4割以上増加しました。自宅用お中元のニーズの高まりをうけ、毎年種類も盛り沢山となり、2022年は初の「ヴィーガン」に適応したスイーツや食べ物も参入しました。

参考:需要高まる“自宅向け”お中元商戦始まる 「ヴィーガン」に対応したスイーツや料理も〈仙台市〉 FNNプライムオンライン(2022年)

ヴィーガンレシピの開発

都内中心に飲食店4店舗の運営および食品通販を行うFine Fast Foods株式会社(本社:東京都港区)は、家庭でも挑戦しやすいプラントベースのレシピ開発・食品販売・動画配信を目的として、2022年6月10日(金)にグループ会社のEATART株式会社を設立することをお知らせいたします。

グループ会社となるEATART株式会社の代表取締役社長にはプラントベース(ヴィーガン)レシピのYouTubeチャンネル「Peaceful Cuisine」などで247万人の登録者を有する高嶋 綾也が就任いたします。そのほかにも創業メンバーには、当社代表取締役社長でEATARTのCFO渡邊 正都、ブランディングアドバイザー エバンズ 亜莉沙、ディレクターに伊藤 ミナ子など、国内外で活躍するクリエーターが集い、グローバルに活動をおこなってまいります。

引用:ヴィーガンレシピのYouTubeチャンネル、登録者数247万人の高嶋 綾也が社長就任 プラントベースをもっと身近に 日々の食卓に寄り添うレシピや食品開発に邁進 PR TIMES(2022年)

ヴィーガンレシピの資格講座

特定非営利活動法人日本ヴィーガン協会日本初の「ヴィーガン料理教室」の認証を2022年1月に取得した、オーガニック・マクロビ料理教室G-veggieでは、ヴィーガンスイーツのプロフェッショナルを育成するためのスイーツ教室が開かれています。

白砂糖、卵、バターや生クリームなどの乳製品を一切使わないで、豆乳やメイプルシロップ、米飴、葛、寒天などの植物性の素材だけで作れるのが特徴です。

一見それではスイーツ作りは難しいようにも思えますが、本場イタリアで修業を積んできた本格パティシエがレシピ開発者となり、これまで蓄積されたノウハウをいかした数多くのレシピが生まれています。美味しくヘルシーでキレイになれる、オーガニックでマクロビオティックでヴィーガンなイタリアンスイーツ教室です。

引用:日本初!日本ヴィーガン協会認証G-veggieの「オーガニック・イタリアンスイーツ ディプロマ取得コース」 PR TIMES(2022年)

私は、

私はかなり偏食です。食物アレルギーでもなく、ヴィーガンとかでもないのですが、食べれない味付けが多く、全く食べれない味付けは、辛いものと苦いもの。その次多少は食べられますが酸っぱいもの。甘いのも、塩辛いのも、極端に甘すぎたり、塩っ気がありすぎるのも苦手です。薬味もかけないですし。ですが、子どもの頃より、食べれるのはこれでも増えたんですよ。

給食でヴィーガンは、今コロナ禍で給食の大切さが言われている中、食べない食品も出て来るというのはどうなのでしょうか…?子ども達が美味しいと喜んでいるなら正解かもしれませんし、宗教上の違いやアレルギーで食べられない子もいるのでいい取り組みかもしれません。「ヴィーガン」はこれからの環境問題の課題の解決かもしれませんね。

参考サイト

ヴィーガンの4つのメリット解説!美容と健康に良いって本当?注意点も

ベジタリアン、ヴィーガン、マクロビ、フレキシタリアンってどういう意味?食を通じて新しい世界と出会おう!

ベジタリアンの種類とは?ヴィーガンとどう違う?

関連記事

なぜ今ヴィーガンに注目? ベジタリアンとの違いは? 「ゆる」「ときどき」の人も 朝日新聞GLOBE +(2021年)

NY公立小学校で“ヴィーガン給食”始まる 日テレNEWS(2022年)

毎週金曜日は「ビーガン給食」 NY市が公立学校に導入 日本経済新聞(2022年)

noteでも書いています。よければ読んでください。

TANOSHIKA 翼祈|note

→HOME

2 件のコメント

  • この小学校の関係者です。
    今年度からヴィーガン給食は中止になっております。前校長の一存で始まり、大きな問題となりました。
    ヴィーガン給食だからアレルギーの人も大丈夫という認識が子ども達に浸透していたようです。現にある野菜を喫食後、アレルギーを発症した児童がいました。植物性だからアレルギーではないという思い込みが教員、周りの児童にあったようで、その為、対応が大幅に遅れるという事案が発生しました。
    幸い大事には至りませんでしたが、抗アレルギー薬を服薬するまで40分以上もかかりました。
    ちなみに症状は中等レベルです。
    前校長が、校長の権限で、教職員や保護者、教育委員会に許可なく勝手に始めた取り組みです。
    前校長は前年度定年退職しました。なので、ヴィーガン給食は中止となりました。

    • 浅川小関係者様。

      コメントありがとうございます。私が土曜日は公休でしたので、今日出勤するまでコメントを知らなくて返信遅くなりました。

      この記事は元々去年の12月に書いたものでしたが、当時の私の力不足と至らなさで去年までには載らず、ようやく先月に入って、記事として成立する運びとなりました。

      ヴィーガン給食が中止になった運びは存じ上げませんでした。確かにそういう時に困りますね。この記事には追記で、廃止になった旨を書き加えておきます。ご指摘ありがとうございました。

  • 翼祈(たすき) へ返信する コメントをキャンセル

    メールアドレスが公開されることはありません。

    ABOUTこの記事をかいた人

    左耳感音性難聴と特定不能の発達障害(ASD,ADHD,LD全ての要素あり)、糖尿病、甲状腺機能低下症、不眠症などを患っているライターです。映画やドラマなどのエンタメごと、そこそこに詳しいです。ただ、あくまで“障害”や“生きづらさ”がテーマなど、会社の趣旨に合いそうな作品の内容しか記事として書いていません。私のnoteを観て頂ければ分かると思いますが、ハンドメイドにも興味あり、時々作りに行きます。昔から文章書く事好きです、宜しくお願い致します。