むかし話 〜そんな人もいたっけなあ〜

この記事は約 2 分で読むことができます。

こんにちは、Mrs.Rでございます。

 

今日は私の病気についてお話ししましょう。

 

あれはまだ私が若い頃のOL時代のことです。

あまり思い出したくはありませんが、

当時、部署内に年長のある女性がいて、その方は、

一年間に五人の女の子をやめさせた事で有名だった人で、

その女性は、誰かを辞めさせて、仕事を奪って、

残業代を稼ぐのが目的だったようです。

社内の上司も見て見ぬ振りでした。

 

もう、延々と嫌がらせをされて心身ともに参ってしまい、

不眠、うつ病を発症してしまいました。

父母に相談しても、仕事とはそういうものだと、

会社を辞めさせてもらえず、次第に症状は悪化して、

パニックを起こし精神病院を受診しました。

医師はすぐ仕事をやめた方がいいと、言って頂いたのですが、

父が猛反対して、会社のトイレで疼くまって身動きできず、

大変な思いをしました。

 

夫と結婚して、会社を辞められたので、やっと、

人間として生きて、こころが安らぐ日々を過ごせました。

 

ですが、人間不信になり、家の中に引きこもって、

子供を妊娠するまで、針の筵でしたね。

 

私は、自分のことを相談する人が誰も居なかったのです。

何もかも自分で一から考え、結論を出さねばなりません。

今は、頼りになる主治医がいます。凄く心強いです。

 

そして、息子。

今は、私の元から旅立ってしまいましたが、20歳になったら、

帰ってきてくれるのを、楽しみに待っていますよ。

HOME

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。