「統合失調症」子どもに遺伝する可能性はある?

この記事は約 3 分で読むことができます。

1.統合失調症は子どもに遺伝する?!

私は結婚願望が強く、それと同時に子どもが欲しいとずっと願ってました。

統合失調症を発症して10年が経ち結婚しました。

初めは何にも考えずただ子どもが欲しい!とばかり願っていて、私が統合失調症であること、薬を飲んでること、そして、赤ちゃんに対する薬の副作用がある可能性など一切考えていませんでした。でもあるとき病院の待合室に「統合失調症」について書いてある資料を見つけました。(資料の詳細は下記のURLよりご覧下さい。)

読んでみると、統合失調症は遺伝すると書いてあってすごく心が痛みました。私のせいで子どもにまで私と同じ思いをさせることになるなんて…と考えました。でも子どもが欲しいという思いは強く、主治医に相談しました。そうすると「必ずしも遺伝するわけではないですよ。一般に障害を持った子が産まれる比率と一緒だと考えたらいいですよ。そんなに心配しなくて大丈夫ですよ。子どもが欲しいとなった時に赤ちゃん影響する薬を減らしていくので安心してください。」と言われました。それを聞いて完全に不安を取り除かれた訳ではないですが安心はしました。

2.妊娠からその後

それから3年くらいして病状も安定し服用してる薬もだいぶ減ったので主治医に相談したところ、赤ちゃんに影響する薬も少しずつ取り除かれ、妊娠することもできました。

妊娠中も不安が完全に取り除かれた訳ではないので怖かったんですが主治医を信じました。赤ちゃんが大きくなるうちにほとんど薬も飲まなくていいようになり最後には薬を飲まなくていいようになりました。

それから何事もなく順調に育ってくれて何の影響もなく元気に無事産まれてくれました。私が薬を飲んでたので出産したあとは検査のためすぐに集中治療室に連れて行かれ検査をしてもらいました。

検査も無事終了し一緒に退院することができました。

毎回の検診も何にも言われず健康でした。

まだ7歳なので発症する年齢ではないので多少は不安がありますが今のところ大きな病気もせず何事もなく元気です。私が具合が悪くなったりすると心配してくれて、声もかけてくれます。誰に似たのかしっかり者です。

3.最後に

自分が統合失調症だから子どもに影響するかも…とか産まないほうがいいんじゃないかとか考えないでください。私の主治医が言ってたように一般の出産で障害のある子が産まれる確率と同じくらいらしいので難しく考えないでいいと思います。 もし不安があるならば主治医に相談しましょう。話を聞いて貰えたら自信がつくと思います。

「私が読んだ記事の内容」

統合失調症では遺伝的な要素があると考えられていますが、あくまでも原因のうちの1つに過ぎません。例えば全く同じ遺伝子をもった一卵性双生児が2人とも発生する訳ではなく、その割合は50%程度です。また統合失調症の患者さんの家族を調べても両親の約9割合は統合失調症ではなく兄弟を含めてもその割合は約8割とされており、更に甥や姪まで調べても約6割とされていますから、遺伝は発症の原因の1つでしかないことがわかります。病気が遺伝するのではなく病気のなりやすさが遺伝すると捉えることが大切です。

 

引用元「発達障害ナビ」

http://www.mental-navi.net/togoshicchosho/understand/cause/factor.html

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です