こんな時だから遊ぼう!経済を回すGoToキャンペーン

この記事は約 5 分で読むことができます。

GoToキャンペーン、もう使った?

皆さんは、GoToキャンペーン、もう利用しましたか?


わたしはたまたま予約していた旅行がGoToの対象になって、利用する形になりました。
その時はまだ始まったばかりで、情報や申請の仕方など、あやふやな部分が多かったのかもしれません。
かなり面倒くさかったのですが、その後まだ利用してないので、少し変わっているかもしれません。

このキャンペーンは、旅行を予定しているひとや好きな人にとっては、とてもお得です。
政府もなかなか粋なことをしてくれるじゃない!と思いました。
それは、5月の連休がコロナでの自粛期間で、旅行できないひとがもやもやしていたからかもしれません。

GoToキャンペーンには、いろんな種類があるんですよ!

①GoToトラベル

「GoTo トラベル キャンペーン」とは、新型コロナウイルス感染症により落ち込んだ旅行需要を喚起するため、宿泊を伴う旅行および日帰り旅行代金を国が補助する観光支援策です。

国内での旅行に限り適用されます。

キャンペーンに参加している旅行会社の対象プランを利用することで適用され、旅行代金の一部が戻ってくる仕組みです。
条件はいろいろありますが、日帰りだとひとりあたり1万円、宿泊だと2万円まで貰えるので、とても効果が大きいですね。

自粛で我慢していたぶん、旅行で羽を伸ばせそうです。

②GoToイート

「GoToイートキャンペーン」は、飲食店の支援です。

飲食店を利用したひとに、「1000分のポイント」が貰えるという形です。

外食業界の利用が自粛傾向で減っているため、飲食店の食事代金の一部をポイントという形で支援するので、飲食店への来店を伸ばそうという考えです。
食べログやホットペッパーなどのグルメサイトを経由して予約して利用することが条件となっています。

食べログやぐるなびはひとりあたり200円、ホットペッパーでは50円が予約経由で飲食店側が負担することになるので、実質的に飲食店を支援したいということでしたら、Rettyがいいかもしれませんね。

③GoToイベント

「GoToイベントキャンペーン」は、イベントやエンターテイメントへの支援策です。

飲食同様、エンタメ業界は伝統あるものもありますし、時代の文化を担う側面もあるので、途絶えさせてはいけないものが多いです。

こちらもチケット会社経由でのもの、もしくはエンターテイメントのチケット購入した場合に2割程度支援されるというもの。
20%オフでお芝居やエンターテイメントが体験できるというものですね。

GoToトラベルキャンペーンなどと相性がいいので、今後の発展に期待です。

④GoTo商店街

「GoTo商店街キャンペーン」も同じく、大手ではなく地方の商店街への支援策です。

商店街によるキャンペーン期間中のイベント開催、プロモーション、観光商品開発等の実施についての支援ということになっています。

キャンペーンの、こんな活用法

…と、日本全国への支援という形でいろいろ楽しんでもらおうじゃないの、という企画ですが、中には「こんな使い方もあるのか!」というキャンペーンの使い方もあるようです。

こんな使い方①避難先

出費が抑えられるため、気軽にホテルや旅館が使えるということで、「ちょっとした避難先」に選ぶ人が増えたらしいです。

あるひとは、キャンペーンで宿泊や食事に利用することができるので、週末だけでも食事などの家事から解放される喜びを感じられます。
家事以外にも、近所で電気工事があり家にいるのが嫌だったのでホテルに移動してきた、というひとも。

2020年9月に発生した大型で非常に強い台風10号が発生した際、避難先をリゾートホテルにしたという、文字通り避難したひとも少なくないとか。

こんな使い方②合宿免許

そんななか、現在SNSなどで話題沸騰なのが、泊まり込みで運転免許を取得する「合宿免許」が対象となっていることです。これにより、約30万円近い教習費用が最安値で13万円台になるというのです。

申し込みが殺到したことで新規の申し込みを一時停止。今後の申込み再開については、ホームページ上でアナウンスがあるとしています。

SNSなどで話題となった以降、合宿免許プランについて、GoToトラベルが適用されるかどうかの問い合わせはかなり増えたとのこと。
教習所も、今回のことは助け舟になっていることは確かのようです。

こんな使い方③お寺で護摩行

GoToトラベルキャンペーン。

和歌山の高野山は約1200年前、弘法大師が開いた歴史ある場所。
別格本山清浄心院で護摩行が行われました。
このお寺では宿坊で泊まることができ、GoToの対象となっています。

精進料理、さらに護摩木が無料で1本付いて、通常1万2100円のプランが7865円で利用できます。

 

参照:高野山別格本山 清浄心院HP
https://shojoshinin.jp/news/archives/78

 

 

わたしも先日GoToトラベルを使った時に、「地域共通クーポン」なるものが旅館で発行されました。
2020年10月1日から始まったもので、宿泊料金に比例して貰える商品券のようなものです。
お土産から食事代金などに使えます。
ただし、加盟店のステッカーが貼ってあるところだけに限られます。
さらに経済効果が上がりそうですね。

 

友人と話をしていて、「子どもをディズニーへ連れていきたいけど、まだ東京方面は終息には程遠そうだから…」と言ってました。

早く元の日常に戻って、経済が回り、自由にあちこち行ける世の中になってほしいものです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です