たった1分でポジティブになれる方法

この記事は約 3 分で読むことができます。

1分時間をください。

さあ、「今日の良かったこと3つ」を思い出してみましょう

思いつきましたか? どんな良いことがありましたか?

そしてそれを、できればメモに書き出してみましょう。スマホのメモに入力してもOKです。出来たらで大丈夫ですので、気負いしないでください。

すぐに思いついた人は、「今日の良かったこと3つ」を振り返って幸福感はもてましたか?

普段何気なく過ごしていても沢山の良いことが起こっています。

すぐに思いつかなかった人は、そうなのですよ~、日頃からやっていないと「良いこと」を思い出すのは、なかなか難しいかも知れません。私もはじめは、すぐに思いつかなかったです。

なぜなら私はうつ病を患っているから

今は、10年の年月を経てうつ病から双極性障がいⅡ型へ病名が変わりました。双極障がいは、躁状態とうつ状態が入れ替わる症状があります。でも基本的には常にうつベースで、暗いトンネルの中をもがきながら生活しています。

毎日、憂うつを抱えているのが当たり前になってしまいました。

うつの闇にさす光を探して

でも、「なんとか憂うつを取りのぞきたい」と思い、探していました。

そして見つけたのが「今日の良かったこと3つ」を書き出すことです。

お風呂に入っている時や寝る前のちょっとした時間にできて、簡単なところが始めやすいポイントです。

ネガティブで頭がパンクしそう

うつ思考で頭の中がネガティブなことでいっぱいになると、ポジティブなことを考える余裕がなくなります。

人間は基本的にネガティブな生き物なので、ネガティブな考えを持つことは本能に基づいています。だから、無理にネガティブをなくす必要はないですが、そればかりだと辛くなってしまいますよね。 

ネガティブを無理にねじ伏せなくていい

ネガティブを消してポジティブに変換することも難しいです。

実際にやってみましたが、歪んだ思考を戻すことは、かなり労力がかかりました。

自己否定しがちなメンタルでは、できない自分を責めてしまうという悪循環にもつながります。

ポジティブになろうとするときは、無理にネガティブを消さなくてもいいのです。

うつの方向をみながら良くなろうとすると、なかなか上手くいきません。

「今日の良かったこと3つ」を振りかえることは、頭を切り替えてポジティブを見つける練習です。

「そんなこと?」と思うような小さなことでOK

良かったことを思い出して書き出し記録してみましょう。

メモに書き出すことで、自分を客観的に振り返ることにもなります。

例えば、私の今日の良かったこと3つは

①この記事を執筆できた

②味噌汁を作れてうれしかった

③ドラックストアで10%OFFクーポンが当たった

いかがでしょうか? どんなに小さなことでも、自分で満足できればいいのです。

一緒にやってみませんか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です