「健常者の方と関わる事が怖い」という悩み

健常者

この記事は約 3 分で読むことができます。

最近、少し落ち込んでいました。
きっかけは、ある大きな悩みが生まれた事でした。

それは、「一般の健常者の人と関われない」「関わっても少しの事で深く傷つく」という悩みです。

SNSで

この頃、Twitterを始めました。
自分の夢に向かう状況を発信したかったからです。

しかし、そこで問題が起きてしまいました。

Twitterは、人と人とを繋ぐツールでもあります。
関わる人が増えるに連れ、リプライやDMで、話しかけられる事が多くなりました。

その度に、私はとっても緊張します。
「相手を傷つけないか」
「相手に嫌われないか」
「馬鹿にされないか」
正直、苦しいです。

だんだんTwitterをするのがとても怖くなってきました。

同世代の子と…

同世代の健常者の子と関わる事も増えました。
意識して外に出るようにしたからです。
友達をたくさん作って、華やかな青春を送りたい、そんな夢もあり積極的に人の誘いに乗るようにしました。

しかし、どうしてもノリが合わないし、一言一言にいちいち傷ついてしまいました。
こちらも、大変苦痛なものでした。

諦めようか。

正直、今回の一連の事がきっかけでもう人と関わる事をやめようかな、諦めようか、と思っている自分がいます。
自分の「人付き合いが苦手」という特性はなかなか変わらないでしょうし、なんせ人と関わる事がとても苦痛です。
ストレスが溜まって泣くくらいなら、1人でいたり、今のまま優しい福祉の世界にいつまでもいたほうがいいのでは?とか色々考えてしまいました。

しかし、私には夢があります。
数少なくてもいいから、友達とワイワイしたい。
色々な人と関わって生きていきたい。
そんな夢です。

叶うかは分からないけれど、完全に諦める事はできません。

対処法

対処法を色々考えていました。

心理の先生ともこの件について、色々話していたのですが、どうやらこんな私がこんな風になってしまったのは「酷い不安感」が原因だ、との事でした。

まずは、この「酷い不安感」を無くしていく事が、夢への近道かなと思っています。

心理の先生は「不安感が全部なくなったら、どんな人生を送りたい?」と聞いてきました。
私は、「いきいきと自分らしく生きてみたいです。」と答えました。

心理の先生が言うには、「不安感が全くない」状態。
その状態になってしたい事をしてみると、自ずと不安感も小さくなる、とおっしゃられていました。

ちょっとそんなのに取り組んでみようかな、と思っている今日この頃です。

頑張ります

なかなか難しい問題でしょうが、頑張って取り組んでみたいと思います。

またまた個人的な話になってしまいましたが、「こんな人もいるんだー」と思ってくださるだけで嬉しいです。

頑張ります!!

piasuのおすすめ記事10選! 人気作などを紹介

最近はnoteでも記事を書いています! よければこちらも読んでみてください! TANOSHIKA piasu|note

HOME

健常者

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です