楽しい会社、「TANOSHIKA」

TANOSHIKA

この記事は約 5 分で読むことができます。

「TANOSHIKAは名前の通り本当に楽しい会社だよな」
この間ふとそんなことを想いました。

TANOSHIKAは本当に楽しい会社です。
お仕事が楽しいです。
みんなと話すのも楽しいです。

そして、「TANOSHIKA」は私の人生を「楽しく」してくれた会社です。

今日は、「TANOSHIKAの楽しい事」として全部で4個のTANOSHIKAで働いていて楽しい事を紹介しようと思います!

またTANOSHIKAの話かよーって思う方もいるかもしれませんが、私の自慢の職場をまた自慢させてください!

色々な人にTANOSHIKAを知って欲しいのでよかったら読んでくれると嬉しいです。

利用者のみんなと専門用語で会話する時が「楽しい!」

まず、デザインやライティングのお仕事の専門用語を介しながらみんなと話す時がとても楽しいです。
相手は同じ利用者の方だったり、支援員さんだったり。

専門用語を介しながら話す。
一見、すごくいやらしい感じもするかもしれません。
「カッコつけている」とか思われちゃいそうなんですが、私にとっては本当に幸せな瞬間なんです。

自分の成長を感じる瞬間でもあるし、相手の利用者さんと繋がれた、という気持ちになるからです。
本当に楽しくて仕方ないんです。

会話内容としては、例えば、「この間のあのデザインのお仕事の制作物とても素敵でした!」とか「これはなんのソフトを使って作ったんですか?」とか「この効果はPhotoshopでどうやってやったんですか?」とかそんな言葉を掛け合います。
そうすると「これはクリッピングマスクを使って作ったんだよ」とか「これはXdを使って作りましたよ」「素敵とか言ってくれてありがとう、でも〇〇さんのこの前の作品も凄かったなあ」とか返したり。
そんな風にお互いを褒め合ったり、情報交換したりします。

これは、お互いの実力を信頼し合っているからできる事です。

お互いが毎日努力している姿を間近で見ているから、信じているんです。
だからこそできる会話なんです。

これが1つ目のTANOSHIKAでの「楽しい事」です。

仕事を褒められた時が「楽しい!」

2つ目のTANOSHIKAで楽しい事。
それは、「自分のお仕事を誰かに褒められた時」です。

支援員さんだったり利用者さんだったりに、「すごいね!」とか「デザイン、センスいいね」とか言われる度に自信が全くなかった私ですが少しずつ元気が出てきました。

誰かに褒められるだけではありません。
クライアントさんに「ありがとう」「すごく嬉しい」と感謝されたり喜ばれたりした時。
私はこの上ない幸福感を感じます。
言葉に表現できないような、今までの人生で経験したことのないような、そんな「幸せな瞬間」なんです。

社会の歯車の1つとして働いている、という実感もあります。
クライアントさんはほとんどが一般の会社とかだからです。

その一般の人々に認められる、という事は大きな自信になりました。

休憩時間にみんなと話している時が「楽しい!」

3つ目の「TANOSHIKAで楽しい事」は「休憩時間にみんなと話している時」です。

お仕事の話もしますが、他愛のない話をみんなでする時も楽しいです。
主に芸能人の話とか、好きなテレビ番組とかの話をします。

みんな心が優しいので傷つく言葉も言いません。

決してベタベタした関係ではありませんが、お互いを「大切な同僚」として尊重して会話するので楽しいです。

自分の技術の向上を実感する時が「楽しい!」

4つ目の楽しい事は「自分の技術の向上を実感する時」です。

私はTANOSHIKAに入る前、SNSもしていませんでした。
パソコンもシャットダウンの仕方さえ知りませんでした。
そんな私は今では家でもSNSやパソコンをする事を楽しんでいます。

この間、実家でパソコンをいじっていたら家族にその姿を写真で撮られました。
どうやら成長した私の姿がとても嬉しかったようです。

私も嬉しかったです。
何も技術を持っていなかった私ですが、TANOSHIKAのお陰でぐんと成長して、ぐんと世界が広がりました。

将来の選択肢も大きく広がったと思います。

まとめ

TANOSHIKAはもちろん「楽しい!」っていうだけのテーマパークみたいなところではありません。
職場なので、真面目にみんな取り組んでいます。
私の言うTANOSHIKAでの「楽しい!」は、そういう軽い楽しさではなくて、なんと言うか「人生の喜び」と言うかとにかく言葉にできないほどの深い深い「楽しさ」なんです。

「たのしか」って本当に「TANOSHIKA」にぴったりの会社名なんです!

関連記事

最近はnoteでも記事を書いています! よければこちらも読んでみてください! TANOSHIKA piasu|note

HOME

 

TANOSHIKA

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です