菊政さんのインタビューを終えて

インタビュー

この記事は約 4 分で読むことができます。

「TANOSHIKA本部にインターンできてくれている菊政さんという方に、今度インタビューします。もし、他にインタビューをやりたい人がいるなら支援員へ伝えてください。」

お仕事をしてたら、ライティングチームのチャットにそのような文章が流れてきた。
すぐにやりたい!と思った。
慌てて、支援員さんにチャットを送った。

「興味があります。」

TANOSHIKAにインターン生が来る。
どこかで、そのような事を聞いた時、私の心がざわついた。

恥ずかしいけれど、うらやましかったのだ。

私は、23歳。
そんなに歳の変わらない、大学生が、支援員さんと働ける。
その事がすごくうらやましかった。

色々考えた。

自分がもし大学に行っていたら?
自分がもし障害がなかったら?
もしも、私が健康だったら、あそこにいたのは私かもしれない…。

どんな人が来るのかすごく怖かった。

インターン生の自己紹介があった。
ドキドキしていたら、インターン生として、菊政さんが現れた。

私は、「あ!」と思った。
zoomの画面越しで、よく見えなかったけれど、すぐに気づいた。
実は、菊政さんと面識があったのだった。

3年ほど前、何かのパーティーで会ったのだと思い出した。
その時、会話をした事もあった。
その時も、優しく接してくれて、すごく嬉しかった。

菊政さんで、良かった、と思った。
それから、仲良くなりたいなあ、とも思った。

病気が見つかり、学校に行けなくなった私。
同世代の人とあまり会話をした事がなかった。
だから、同世代の人に対して、強い劣等感があった。
私は、そのコンプレックスにも立ち向かいたいと思った。

「他にインタビューをやりたい人がいるなら支援員へ伝えてください。」

チャットに流れてきた時、これはチャンスだと思った。
何かを乗り越えるチャンスだと思った。

インタビューを対面で行うか、zoomで行うか、聞かれた。
私は、少しでも、菊政さんとお話がしたいと思ったから、対面をお願いした。

当日、すごく緊張した。

インタビュー前に、支援員さんと、インタビューに使う部屋の掃除をした。
ドキドキした。
でも、乗り越えたいと思った。
これを乗り越えたら、何かが見えてくる気がしたから。

菊政さんがTANOSHIKAに現れた。
びっくりしたのは、以前パーティーで会った時より、すごく大人になっていた事だ。
インタビュー前、慣れない仕草で名刺を渡した。
TANOSHIKAが作った名刺。
その私の名刺の肩書には、「ライター」と書いてあった。

「ライターなんですね!」
菊政さんは、そう言ってくれた。
私は、その時、すごく嬉しかった。
自分を「障害者」としてではなく、「ライター」として扱ってくれた事。
あのインタビューの一時間で、菊政さんは一度も私を「障害者」として扱わなかった。
その事が嬉しかった。

インタビューが終わっても、菊政さんは、私のライターのお仕事を熱心に聞いてくださった。
メモを一生懸命とっていて、私は、すごい人だなあ、と心から思った。

今まで、羨ましいとか思っていた自分が、なんだか恥ずかしくなった。
私は、普通に学校に通っていた健常者と、自分にどこか一線引かれてる気がしていた。
でも、その一線は、自分が引いていたものだったんだ、と気づかされた。
菊政さんが、私を「差別」せずに「区別」せずに接してくれた事。
その事で、私は何かを乗り越えられた。
自信や誇りを持つ事が出来た。
同世代に向けていた、劣等感が少し消えた。

挑戦して良かった。
そう心から思ったインタビューだった。

piasuのおすすめ記事10選! 人気作などを紹介

HOME

インタビュー

2 件のコメント

  • インタビューを受けさせていただいた菊政です。
    piasuさんのこちらの記事を読ませて頂きました!piasuさんがインタビューしてくださった経緯や想い。どれもpiasuさんの真っすぐな思いが伝わってきました!同じ時代を生き、作っていく者同士、これからもワクワクする事沢山挑戦していきましょう!
     陰ながらpiasuさんをこれからも応援しています!次にお会いする時も沢山お話聞かせてください!

    • 菊政さん、コメントありがとうございます!とっても嬉しいです!
      インタビューもありがとうございました。
      記事も読んでくださり、ありがとうございます。少し恥ずかしいですが、それ以上に思いが伝わり嬉しいです。
      菊政さんのコメントでまた生きる上での勇気を貰いました。
      私も応援しています。またお会いして、沢山お話できる日を心から楽しみにしています。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    ABOUTこの記事をかいた人

    23歳です。可愛いものが大好き!♡発達障害と双極性障害があります。色々あるけれど、夢に向かって頑張っています♡ 一般就労の夢に向かった記録を書いたブログやってます。 よかったらみてください!♡下↓のWebsiteをクリックしてみれます。