この記事は約 2 分で読むことができます。

妹の話ばかりしてきたけれども、実は私にはもう一人兄弟がいる。
弟だ。
私は、彼の事がもう産まれた頃から大好きで、可愛くて仕方がなかった。
姉バカって感じだろうけど、本当に可愛い。

そんな弟も、私は傷つけた。

中学から不登校になり、精神の病名がついた。
私は、心身が壊れて、よく家でパニックになっていた。
今でもたまに、目をつむると思い出す光景がある。
「お願いだから、叫ばないで!」
私の手を取りながら、号泣しながら小さな弟が言っている。
私はそれでも苦しくてやっぱり大きな声を上げて泣いていた…。

この間、祖母の法事の時、弟とじっくり話した。
最初は、他愛もない話だったのに途端に弟の表情が曇った。
「僕、小さい時、ベッドで毎晩こっそり泣いとったんよ、なんでこんな家に産まれたんだろうって…。」
本当に寂しそうな顔で呟いた。
私は、それを聞いた時、自分の犯してきた罪の重さを知った。
何も知らなかった。
私は、あの時、確かに私だけが辛いんだ、と勘違いしていた。

私は、弟にもよく物を買う。
TANOSHIKAで一生懸命働いて、手に入れたお金。
この前は、4000円をお小遣いであげた。
今度は、ゲームのソフトを買うつもりだ。
償い。
なんて、かっこいい物じゃないかもしれない。
だけど、そうしないとやってられない。

本当は、あの時はごめんね、と口で伝えたい。
だけど、恥ずかしいからなかなか言えない。

私は、最低なお姉ちゃんだったと思う。
私がただ願うのは、彼らが幸せになってくれる事。
幸せになってほしい。
その為なら、姉としてどんな事でもするつもりだ。
大好きな兄弟だから。

2 件のコメント

  • 兄弟と仲よくできることは心の支えになるしいざというときも兄弟なのです。そのままずっと仲よくしていってください。

    • パグさん、コメントありがとうございます。そうですね。ずっと仲良くしていきたいと思います。大切にしていきます。ありがとうございます。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です