月経前症候群と私

この記事は約 4 分で読むことができます。

この前、三時間くらい、わんわん泣いた。
涙が次から次に溢れて、とても苦しかった。
それから、食欲がすごくて、たくさん食べた。
仕事中の眠気もすごい。カフェインを摂取して、眠気を飛ばそうと試みたけれども、頭がボーッとした。
なんだかおかしい。
そう思っていたら、生理が始まっていた。

生理と私の関係は、結構根深い。
思春期くらいから、私は生理にもう、めちゃくちゃに振り回されるようになった。
だるさ、眠気、食欲、悲しさ、イライラ…。
そんなものたちが、私を襲う。
体は重くて、イライラして人に当たってしまう。それから、何より悲しさ!これが一番辛い。自分を責めて責めて、そうして泣き疲れて寝る。
苦しい、なんてもんじゃない。
もう、地獄だ。
暗い暗いトンネルを歩いているような気持ち。
それが、月一で必ず来るのだから、たまったもんじゃなかった。
その度に、泣いて喚いて、自分を傷つけた。

月経前症候群。
その疑いがあるという事で、婦人科にかかる事になった。
ピルを飲むことになった。
昔よりは、だいぶマシになった。
だけど、それでも変わらない部分もあったから、より月経前症候群に効くピルに変えてもらった。
正直、それでもきつい。

私の今飲んでいるピルは飲み方が、結構複雑で難しい。
1日飲み忘れるだけで、生理が来るし、そして高い。
でも、しょうがない。
人を傷つけるよりは、断然マシだ。

症状に立ち向かう為に色々な事を自分でも試した。
市販のサプリメントを飲んだり、カフェイン断ちしたり、ストレッチをしたり…。
一番良かったのは、生理日を予測するアプリだったかな、と思ってる。
いきいきした時期、モヤモヤする時期、真っ暗な時期。
今日はどの時期かをお知らせしてくれる。
これが、私にとってはすごく当たっていた。
事前に心の予測を簡単に知れるのは、安心したし、めちゃくちゃありがたかった。
この苦しみは、生理がもうすぐ来るのが原因なのか、と分かるだけで救われた。
また、本当に気心しれた家族だけだけれども、それらを共有してたから、家族も助かったと思う。
(生理で、私のように悩んでいる方には、『ルナルナ』というこのアプリおすすめです!)

生理に振り回されている私。
だけど、そんな私を、ほとんどの人が優しく見守ってくれた。
女性の人は、すごく共感してくれるし、心配してくれた。
男性も、何故かすごく理解してくれる。
今まで、一度も理解がない言葉を投げられた事はない。
私は、恵まれていると思う。
あまりいい事ではないかもしれないけれど、私は月に一回、みんなが優しくしてくれるその時期が、全部嫌いって訳でもない。
そこだけ、唯一救われてるかな、と思っている。

生理が始まって、私は色々変わってしまった。
たくさんの人を傷つけて、たくさん自分も傷つけた。
辛い。
だけど、あとは、向き合うだけ。
どうなるかは分からない。
けれど、信じたい。
新しく飲み始めたピル。
これが効くといいなあ。
そんな事を考えている。
理解ある優しい周りの人にも、大きな感謝の心を忘れず、前に進みたい。

最後に、私と同じような事でお悩みの方は、こちらの記事も是非読んでみてください。何かの助けになればと思います。

2 件のコメント

  • 今の苦しみもいつかかわるときがきたら楽になります。焦らず未来はこの苦しみも楽になっていると信じて生きていきましょう。大丈夫ですよ

    • パグさん、コメントありがとうございます。そして、いつもあたたかいお言葉を本当にありがとうございます。パグさんの優しいお言葉にどれほど助けられているか…。辛い時に、パグさんの言葉たちをこれからは思い出してみようと思います。信じて生きていこうと思います。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です