【視覚過敏】Twitterで繋がった“グリーンノート”

この記事は約 3 分で読むことができます。

今月9日に1人の高校生が、ツイッターに投稿したある“悩み”が、反響を呼んでいます。

この高校生には、“視覚過敏”の症状があり、光に対して過敏に反応してしまい、日常生活で不便に感じることがあります。

高校生のツイートを要約しますと、

「普段から白いノートが使えない。ノートの白が反射して、鉛筆の線が見えにくく、目が痛くなる。そんな時、母の買ってきてくれたグリーンノート(緑色のカラーノート)を見て、見やすさに驚き、普段から愛用するようになった。しかし、取扱店が潰れてしまい、手に入らなくなってしまい困っている。ノートを作っている会社の人が見ていたら、ぜひ販売してほしい。」とのことでした。

視覚過敏とは?

視覚過敏とは、「光」「色」を過敏に感じてしまう、感覚過敏の症状です。

例えば、お店の照明が異常に眩しく感じたり、カメラのフラッシュが苦手だったり、光が目に刺さるように感じるのような症状があります。

色に対しても、コントラストが強いと、極端に疲れたり、街中の看板などでケバケバしい色が目に刺さるなどもあります。

光や色の感じ方はそれぞれで、中には「眩しく感じるのは、自分だけだから気のせいかもしれない」と、大人になっても症状に気づかない人もいます。

そして、この高校生は視覚過敏によって、白いノートが使えないのです。

高校生の行動によって動き出す社会

このつぶやきは瞬く間に拡散され、多くのメーカーや取扱店が反応し、グリーンノートの作成に動きだす会社もでてきました。

ロフトや、東急ハンズではネット販売を始め、順次店頭でもグリーンノートの販売も始めるとの発表がありました。

私は視覚過敏ではありませんが、偏頭痛もちで、痛くなる前は必ず、いつもより光が眩しく感じます。

目の前がチカチカと光り、いつも見ているTVや、スマホの画面が目に刺さるほど眩しくなり、ひどいときは部屋の照明が痛く感じて、つけれなくなります。

頻繁におこることではないですが、光が痛いという感覚がわかります。

話題になり大手企業にも反応が

実際に多くの人が、このツイートに同感を得ていて、視覚過敏ではない人にも、グリーンノートが目に優しく、疲れにくいと話題になっています。

ロフトの公式アカウントでは、「抱えていたお悩みが、雑貨との出会いで変わる。こんなに嬉しいことはありません。」と書かれています。

視覚過敏の人はもちろん、そうでない人にもこのグリーンノートの存在が、拡がればいいなと思います。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です