暑い日の快適なお風呂の入り方〜リラックスして質のいい睡眠を〜

この記事は約 2 分で読むことができます。

すでに暑い日が続いていますね。皆さん、いかがお過ごしでしょう?

こんなに暑い中、帰宅するともう汗だく…お風呂に入りたいけど、暑い湯船なんてムリ!シャワーでいいや…。とシャワーだけで簡単に済ませがちです。

しかし、疲れたと感じた時、暑くて辛いという時こそ、湯船に浸かるのがいいんです。

私は、熱いお風呂が好きで、熱ければ熱いほど、身体にいいとなぜか思い込んでいました。しかし、いくら熱いのが好きだといっても、夏場はすぐ逆上せてしまったり、あまり気持ちのいい入浴ではありませんでした。

そこで、改めて夏場のお風呂事情について調べてみることにしました。

熱いお湯に入らなくても疲れはとれる

38℃〜40℃のぬるめのお湯に、10分〜20分ほどかけて、ゆっくりと浸かって下さい。

ぬるめのお湯に浸かることで、血管が広がり、血液の循環が良くなり、リラックスして副交感神経が優位になることで、自律神経が整います。

リラックス効果によって、質のいい睡眠をとることもできるのです。

自律神経が整うとこによって、免疫力を高め、夏バテ防止にも効果があります。

バスタイムを楽しむ方法

いくらぬるめでも、お風呂に入るのに気が進まない。という方は、メントール系の入浴剤を使ってみるのがおススメです。

その他にも、ラジオや音楽を用意してみたり、好きな香りのアロマオイルを入れてみてはどうでしょう。

私は、読み古した雑誌や、濡れてもいいやと思える小説などを持ち込んだりしています。

色々なアイテムを使って、自分だけのバスタイムを楽しんでみてはいかかですか?

※入浴後の水分補給は忘れずにしましょう。

 

   

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です