【ストレスチェックリスト】原因不明のイライラ、原因不明の体調不良はストレスのせいかも

この記事は約 5 分で読むことができます。

 

ふだんとくに深く考えずに使っている「ストレス」という言葉、いったいどういう意味なのでしょうか。

ストレスとは
刺激によって引き起こされる生体反応。かかる刺激をストレッサー、それによって生じる反応をストレスという。

「ストレス」はもともと機械工学的用語で、物体を圧縮したり引き延ばしたりしたときに物体に生じる「ひずみ」を指すものであるが、1936年にH.セリエによって「ストレス学説」が提唱されて以来、この言葉は人間の心理的状況を指す言葉として一般的になっている。

寒冷、外傷、精神的ショックなどによって起こる精神的緊張や、生体内の防衛反応

ストレスとは、心身にかかる重圧を知らせるメッセージでもあるわけですね。

1.ストレスの原因

健康食品販売会社「えがお」が行ったネットアンケートによると、30代から60代の男女454人のなかで23.6%の人が「ストレスを強く感じている」、55.5%の人が「ストレスをやや感じている」と回答したそうです。実に79.3%の人が、多かれ少なかれストレスを感じているということになります。

現代は男女問わず多くの人がストレスを抱えているわけですが、その内容はというと、こちらは男女間でちがいが出てきます。

ストレスを感じる原因として、男性の一位は「仕事内容」、二位は「職場での人間関係」と、一位・二位ともに仕事についてのことであるのに対し、女性の一位は「職場での人間関係」、二位は「体の不調」となっています(ただ個人的に、女性の二位「体の不調」については体調面の他に、もしかしたら「体型の悩み」などもあるのではと思います)。

2.ストレスを感じるとどうなる?

ストレスは人間の心身に様々な症状を引き起こします。

①身体面

頭痛

ストレスを受けることによって自律神経が刺激され、脳が緊張状態になります。このとき、血管が収縮し血液の流れが滞ることで、頭痛が発生します。ストレスに引き起こされた頭痛は、頭を締め付けるようなズキズキ、ジンジンとした痛みが特徴です。

吐き気

強いストレスを感じると自律神経が乱れ、胃酸の分泌が過少あるいは過多になることがあります。これが、みぞおちがキリキリ痛む、吐き気を覚える原因になります。

②行動面

倦怠感

ストレスを受けると、脳は体を休ませようとします。これが倦怠感の正体です。しかし仕事に追われているときなどはこの指令を意志が無視して頑張ってしまうため、結果としてミスが多くなるなど、注意散漫な状態になってしまいます。

③精神面

憂鬱感

自律神経の働きが乱れることでホルモンのバランスにも乱れが生じます。精神面に影響するのは「幸せホルモン」ことセロトニンです。脳内でセロトニンが不足することにより、どうにもならない憂鬱感に囚われることになります。

焦燥感

焦燥感とは、何かに追われているかのような焦りを感じることです。この焦燥感もセロトニンの不足がかかわっています。

④におい(?)

化粧品大手の資生堂は今年2月中旬、「人間はストレスを感じたときに、体から独特のにおい(ストレス臭)を発する」として、デオドラントスプレー『エージ―デオ24パウダースプレー』という商品を発売しました。なんでもこの「ストレス臭」、珍味(スルメ? 貝ヒモ?)のようなにおいなのだそうです。

「ストレス臭は資生堂が発見した」そうで、医学的な根拠はどうやらまったく無いようです。まあ、「ストレス臭」なるものがあるかどうかは別にして、人間はストレスを感じると(緊張すると)汗をかきますし、それが体臭のもとになることは事実です。

3.無意識のうちにストレスを溜め込んでいませんか?

ストレスが、様々な形となって心身に影響を及ぼすことはわかりました。

さて、そのストレス。原因がわかっていればその対処法も見つけられます。いや、原因がわかっていても現状どうにかすることが難しい場合も多々ありますが、少なくとも「ストレスを軽減しよう」と動くこと(たとえば誰かに相談する、カラオケで発散するなど)はできます。

しかし現在の日本には、「多大なストレスを抱え込んでいるのに、その自覚がない」という人がたくさんいるのではないか、と思うのです。そしてそんな人は、(本人からすれば)原因不明の体調不良に悩まされているのではないでしょうか。

そこで簡易版・ストレスセルフチェックシートを載せます。ぜひチェックしてみてください。

いかがだったでしょうか。このチェックリスト、四つ以上〇がつくと「ストレス過多状態」のおそれがあります。また、〇が五つ以上、とくに10番~15番の項目に二つ以上〇がつく場合は要注意です。うつ状態になっている、もしくはなりかけていることが疑われます。

 

自分の心身の状態を、わかっているつもりで実はよくわかっていない人は多いと思います。心身における原因不明の不調の原因は、知らず知らずのうちに溜め込んだストレスなのではないでしょうか。

このエントリーをはてなブックマークに追加

TAMAOの絵本 アマチュア童話作家TAMAOの作品紹介

2018.10.26

【AKARIの新しい取り組み】
あなたの声をAKARIにしよう!

小さい声だと届かない思いを、AKARIを使って社会に発信しませんか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です