発達障害の家族との意思疎通……。家族が陥る『カサンドラ症候群』とは

この記事は約 4 分で読むことができます。

 

心の病や神経症を持っている人と付き合っていくのは根気が要ることです。ときにはそれに疲れてしまうこともあるでしょう。

そんな人を表す言葉があります。『カサンドラ症候群』です。

1.カサンドラ症候群とは

『カサンドラ症候群』とは、ASD=自閉症スペクトラム(アスペルガー症候群)を持つパートナー(妻、夫、恋人、あるいは家族)との感情的交流がうまくいかず、結果として心身に不調をきたすことを指す言葉です。1980年代に心理療法家シャピラによって、ギリシャ神話に登場する「予知能力がありながら、呪いにより誰にも信じてもらえない」というトロイ(「トロイの木馬」の、トロイ)の王女・カサンドラにちなんで名付けられました。「悩みや苦しみを抱えたまま、孤立している状態」を表しています。

2.カサンドラ症候群、要因は?

①.家族やパートナーに、ASDなどによる、共感性、情緒的表現の障害がある

②.パートナーとの間において、①を起因とした対立、精神的あるいは肉体的な虐待、人間関係の満足感の低下がある

③. ②によって、精神的あるいは身体的な不調が生じている(抑うつ状態、罪悪感、不安障害、睡眠障害、PTSDなど)

④.この事実を話す相手がいない、あるいは話しても理解してもらえない

 

カサンドラ症候群はこれまで「パートナーの『自閉症スペクトラム』を起因とするもの」と考えられてきました。しかし近年では自閉症スペクトラムだけではなく「パートナーの『情緒障害』」も要因になり得るとされています。

情緒障害とは
情緒の現れ方が偏っていたり、その現れ方が激しかったりすることを自分の意志でコントロールできないことが継続し、生活に支障がでる状態。医学的な定義がなされているわけではなく学校教育上の概念だが、子供だけのものではない。

3.カサンドラ症候群になりやすい人とは

・真面目

・几帳面

・忍耐強い

・面倒見がよい

このような性格の人が陥りやすいといわれています。

「ストレスの発散が苦手で、溜め込みやすい」、そんな人はカサンドラ症候群になりやすいといえます。

4.カサンドラ症候群を引き起こす「人間関係」

カサンドラ症候群は、自閉症スペクトラムや情緒障害を持つ人と「親密な関係」にある人、夫婦、恋人、親子、兄弟などに多くみられます。

「親密な関係」とはASDの人が社会性を必要としない、いわば「わがまま」を言える間柄のことです。そのような関係にある人が、ASDを持つ人との感情的交流がうまくいかずに、結果として心身に不調をきたしてしまうのです。

5.カサンドラ症候群の治療法は

まずは現れている症状に対して適した薬を服用するという方法があります。これは、抑うつ症状であれば抗うつ薬、不安障害であれば精神安定剤になります。

しかし薬物療法は、「カサンドラ症候群の克服」を考えると「頓服(症状が現れたときにその症状を抑えるために飲む薬)」にすぎません。カサンドラ症候群はパートナーとの関係性に原因があり、それを改善、変化させない限りは「治る」とはいえないのです。

大切なのは「孤立している状態」を変えることです。そのために、パートナー以外の相談者をつくることが必要といえます。

6.相談機関

発達障害情報・支援センター

発達障害者支援センターは、発達障害児(者)への支援を総合的に行うことを目的とした専門的機関です。都道府県・指定都市みずから、または都道府県知事等が指定した社会福祉法人、特定非営利活動法人等が運営しています。

発達障害児(者)とその家族が豊かな地域生活を送れるように、保健、医療、福祉、教育、労働などの関係機関と連携し、地域における総合的な支援ネットワークを構築しながら、発達障害児(者)とその家族からのさまざまな相談に応じ、指導と助言を行っています。(紹介文引用)

また、「カサンドラ症候群 自助会」で検索すると、全国各地の自助会を探すことができます。

たとえば神奈川県 フルリールルーム @Fleuriranagawa

福岡県 クローバー会

 

カサンドラ症候群の人は、孤立し、一人で多くのものを抱え込み過ぎています。

医療機関、自助グループなどに相談し、パートナーとの関係性の改善に前向きに取り組むことが、克服への近道です。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

TAMAOの絵本 アマチュア童話作家TAMAOの作品紹介

2018.10.26

【AKARIの新しい取り組み】
あなたの声をAKARIにしよう!

小さい声だと届かない思いを、AKARIを使って社会に発信しませんか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です