依存症は誰でもなりうる病気です

この記事は約 6 分で読むことができます。

 

こんにちは。パニック障害持ち、そしてうつ病持ち、さらに境界性人格障害までちょこっと味見をしたことがあるTAMAOです。

境界性人格障害は異常な対人依存とヤケクソな自己破壊行動が大きな特徴ですが、それらはどのような原因で起こるのでしょうか。あの頃の僕の脳内では、いったい何が起こっていたのでしょうか。

とくに対人依存の経験は僕の心に強く残っており、過去の自分を見つめ直す意味も込めて、今回は『依存症』について書いてみようと思います。

1.依存症とは

依存症とは、ある行為などが自分の意思では止められなくなってしまう病気のこと――れっきとした病気です。依存症には次の三つの種類があります。

①物質への依存

食べ物や飲み物、薬などの摂取によって得られる快楽や刺激、それを常に求めることを自分の意志では止められなくなってしまう状態です。

アルコール、タバコ(ニコチン)、薬物などが主な依存対象として挙げられます。

②行為・プロセスへの依存

ある行為をすることによって得られる満足感、刺激を求め、それを止められなくなってしまうというものです。

ギャンブル、買い物、ネット、浮気などが挙げられます。

③人間関係への依存

特定の人間関係に執着することを止められなくなってしまう状態です。歪んだ対人依存はときとしてストーカーなどの行為に発展してしまうことがあります。

 

2つ以上の対象、行為に依存することも珍しくありません。タバコとアルコール、アルコールとギャンブル、ギャンブルと対人依存――心当たりのある方もいらっしゃると思いますし、身近にそのような人がいるという方もいらっしゃるのではないでしょうか。依存症はあまりに身近な病気なのです。

2.依存症に陥る原因

依存症患者が依存対象を使用、あるいは依存行為を行っているとき、脳内ではドパミンという神経伝達物質が分泌されています。ドパミンは中枢神経を刺激し、それによって人間は快感を得ることができるのですが――

過剰な量のドパミンによる過剰な快感を得ると、脳内にそれを求める回路が新たにできあがってしまいます。そうなると、脳は常にその快感を求めるようになり、それを得られないと精神的、肉体的なストレスすら感じるようになってしまうのです。これは完全な中毒症状です。つまり依存症とは「ドパミン中毒」なのです。

3.本人も気づかないうちに、依存症に

タバコ、アルコールに依存性があることは一般によく知られていますね。ギャンブルも、「ギャンブル依存」という言葉はすっかり世に定着しているので同様だと思います。しかし、例えば「ストーカー行為」が「対人依存」によるものであることは、知らない方は知らないのではと思います。

好きな相手と一緒にいるとき、触れ合っているときなどは、人の脳内にはドパミンが放出されています。好きな人と一緒にいるときに幸せな気持ちになるのはドパミンによるものなのです。

それだけではなく、片思いの人の姿を見かけたとき、好きな人のことを考えているだけでもドパミンは放出されます。

快楽、幸せな刺激というものはだんだんと慣れていくもので、より強い刺激を求めるようになります。これが、言い方は悪いですがタチの悪い人に当てはまってしまうと、片思いの人を執拗に追いかけるようになったり、迷惑な行為に及ぶようになったりするのです。こうして「ストーカー」というものが出来上がります。そしてこの流れに、本人はまったく気づいていないのです。

依存症は、本人がまったく気づかないうちに発症してしまうものなのです。

4.依存症は治るのか

依存症は治ります。僕はギャンブル依存症と対人依存症に陥っていた過去がありますが、現在はどちらからもすっかり遠ざかっています。

依存症を治すために大切なことは、

①自覚を持つ

これが最も大切で、しかも難しいことです。依存症は「否認の病」とも呼ばれるもので、本人が自覚をもっていない、あるいは認めたがらないことがとても多いのです。

「自分は○○依存症である」という自覚を持ち、そして「ここから抜け出したい。依存症を治したい」という意志を持つことが、まずは依存症脱却へのスタートとなります。

②医師、カウンセラーによる治療を受ける

認知行動療法などの精神療法を受けることはとても有効です。医師、カウンセラーから行動に制限をかけてもらい、それをしっかりと守っていくことで、過剰なドパミンに慣れてしまった脳を、徐々に正常な常態に戻していくという方法です。

③自助グループに参加する

薬物依存など、抜け出すことが難しい依存症患者同士が集まり、病気、悩みを共有します。お互いに自分の気持ちを正直に打ち明け合い、「二度と過ちを繰り返さないよう頑張ろう」と励まし合い、応援し合うのです。新たな目標を掲げ、それを仲間に話すことで、強い意志と勇気を持つことに繋がります。

 

ちなみに僕がギャンブル依存症から脱却した方法は、「とにかく近寄らないようにする」という単純なものでした。というか、ギャンブルに関しては近寄れなくなったというべきですね。スッカラカン状態を通り越し、借金地獄まで行ってしまいましたからね。実にキツ~イ薬でした。

5.最後に。誰でもなりうる、依存症という病気

依存症は治りますが、再発します。いとも簡単に再発します。一度依存症になってしまうと、しばらくそれから遠ざかっていても些細なきっかけで再び依存に陥ってしまうことは、テレビで「〇〇〇〇、また逮捕! 〇回目!」などと報道されていることでもよくわかりますよね。

 

人間の心は完全ではなく、必ず弱点があるものです。

絶対に依存症にならないという人は存在しません。

どんな人にだって依存の対象になりやすいものがあり、それにまだ気づいていないだけという可能性が高いのです。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

TAMAOの絵本 アマチュア童話作家TAMAOの作品紹介

2018.10.26

【AKARIの新しい取り組み】
あなたの声をAKARIにしよう!

小さい声だと届かない思いを、AKARIを使って社会に発信しませんか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

パニック障害歴9年、うつ病歴5年。いつも元気にパニクったり落ち込んだりしています。 愉快なパニック体験談、うつ病との飽くなき闘いを発信していきたいと思います。