うつ病viviの悩み「心の風邪うつ病」

この記事は約 2 分で読むことができます。

うつ病viviの悩み「心の風邪うつ病」

 

うつ病は、心が、風邪ひいたものといいます

でも、それにしても、この風邪は長すぎる

viviは10年患ってます

まだ、長い人もいますが・・こんなものなのかな・・

心が風邪ひいてるから、精神安定剤が欠かせません

これがないと、平常心保てません

テレビも見れません

本も読めません

長い文章は読めません

静かな時間が、一番、安心します

ついでに言うと、神経が過敏です

変化に弱く、些細な空気の変化も、言葉の裏にあるものにも、すぐに、察知します

「あっ、今のは?」

「今、感じたものは、あれかしら」

自分で言うのもなんですが、viviは、ひと様より、余計に経験が多いので、すぐに、勘ぐってしまいます

悪い癖

酸いも甘いも、噛み分けた

社会に対する怒りや憎しみ、途方に暮れるほどの悲しみ

そして、孤独

誰からも愛される人が、うらやましい

この違いは、何?

それは、viviが冷めているから

いろいろな経験が、viviの心を冷めさせた

このご時世、うつ病の人は多い

でも、本当に、心が風邪引いたままの人は、少ない

この人、本当にうつ病なの?って人が多い

viviも、そう思われてるかもしれない

だけど、心の風邪は人それぞれ事情がある

そして、症状も違う

軽い人は、すぐに治るけど

重い人は、いつまでも風邪ひいたまま

明るく、社交的な人は、回復も早いように見える

でも、それは、そう、見えるだけ・・

viviの心の風邪は、他人に冷たい

また、viviの心の風邪は、しつこい

いつまでも、過去を引きずって生きている

もう、忘れたはずなのに

冷めた感情

社会に対する怒りや憎しみ

途方に暮れるほどの悲しさ

人の温もりに触れたい

包まれたい

でも、こんなに冷めきってしまうと、誰も寄り付かない

viviは、孤独だ

早く、心の風邪治したい

こんな調子で、治るのかな?

viviの心に温もりを

そして、誰に対しても優しくなりたい

冷めた心を温めるものは、ないものか・・

うつ病viviの気持ちや体験談がわかるおすすめ記事12選!

2018.10.25

【AKARIの新しい取り組み】
あなたの声をAKARIにしよう!

小さい声だと届かない思いを、AKARIを使って社会に発信しませんか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

うつ病と闘うアラフィフ。おまけに、腰部脊柱管狭窄症!踏んだり蹴ったり。のんびり穏やかに毎日を送っていきたいと思ってます。個人のブログサイト始めました。(閲覧は↓のwebsiteをクリック)