うつ病viviの再チャレンジ「在宅受験終わりました」

この記事は約 3 分で読むことができます。

うつ病viviの再チャレンジ「在宅受験終わりました」

 

viviは、再び、あの日から止まったままの時間とネジを動かすため、4月からユーキャンの医療事務講座を受講し、この度、やっと、在宅受験を受けました

うつ病viviの再チャレンジ「医療事務の資格」

2018.11.24

試験用紙は、前日11月24日に、予定通り16時までに到着

TANOSHIKAから帰ってきたら、郵便受けに入ってましたよ

本当に、予定通り届くのかなって、心配していたけど、ちゃんと、届いてました

中身は、すぐには、開けませんでした

なぜなら、開けたら、したくなるからです

viviは、とりあえず、寝ることにしました

いつものことですが、TANOSHIKAから帰ってくると、ぐったり疲れが襲ってくるからです

17時半ごろ、目が覚めて、食事前の漢方薬を飲み、18時に夕食

この日は、面倒なお風呂にも、すぐに入れました

頭の中では、「早く試験問題見たいな」と思ってたからです

お風呂から上がり、我慢できずに、封を開けました

中には、試験用紙、回答用紙、返送用封筒などが入ってました

まず、試験用紙を見ました

パラパラっとめくると、どうにかできそうな問題だったので、viviは、取りかかることに決めました

試験時間は90分

もう、迷いはありません

本当は、25日が受験日だったけど、やる気のあるうちにと思って、問題を解き始めたのです

試験は、マークシート択一式

先に、問題に取りかかり、試験問題用紙に回答を記入

意外とすんなりできました

「これは、いけるかも!」

時間は、90分を少し、オーバーしてしまいましたが、解答用紙に転記するまで、できました

試験が終わって、ほっとして、眠りにつきました

朝が来て、朝食をとり、掃除をして、今日中に郵便局へ行こうと、準備を始めました

解答用紙と試験用紙を一緒に返送することになってたので、その通り、返送用封筒に入れ、封を閉じました

封を閉じたら、急に不安になり、精神安定剤を飲み、安静にして

「落ち着いて、落ち着いて」

と自分をなだめ、興奮状態を静めようと必死でした

郵便局は、昼食をとっていきました

試験の解答の返送法は、一般書留です

郵便局の窓口で、「一般書留でお願いします」

と言って、手渡したらドキドキしました

結果が、出るのは、12月15日くらい

結果がでたら、また、報告しますね

それによって、viviの止まったままの時間とネジがが動き出すかどうか、わかりませんが、やれるだけのことはやりました

気が抜けたようです

あとは、結果をまつばかり

どうか、合格してますように

うつ病viviの気持ちや体験談がわかるおすすめ記事12選!

2018.10.25

【AKARIの新しい取り組み】
あなたの声をAKARIにしよう!

小さい声だと届かない思いを、AKARIを使って社会に発信しませんか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

うつ病と闘うアラフィフ。おまけに、腰部脊柱管狭窄症!踏んだり蹴ったり。のんびり穏やかに毎日を送っていきたいと思ってます。個人のブログサイト始めました。(閲覧は↓のwebsiteをクリック)