うつ病viviのつぶやき「viviの足跡」

この記事は約 4 分で読むことができます。

うつ病viviのつぶやき「viviの足跡」

 

いつも、いつも思うけど、viviから、AKARIという居場所を奪われたら、どこに行ったらいいんだろうと思う

そんなことは、ないだろうけど、ふと不安に思ってしまう

毎日、何を書こうかと考えながら、指を動かす

書いても、最近は、他愛のないことばかり・・

こんなことしか、今は、書けなくなってしまった・・

これまで、書いてきた記事やブログは、213本

AKARIのメンバーに加わって、1年3カ月

ここがAKARIになる前に、書いたものは消えてしまったけど、初めてアップされた時は、本当に嬉しかった

あの頃は、何をどう書けばいいのかも、わからなかった

AKARIになって、最初に書いたのは、「薬を飲みすぎる私へ」というタイトル

うつ病viviの思い「薬を飲みすぎてしまう私へ」

2017.11.18

続編も書いた

続編には初めてコメントをいただいて、うれしかった

それから、後は、「私がうつ病になったきっかけ」「私の闘病生活」など

うつ病viviの「私がうつ病になったきっかけ」

2018.02.13

うつ病viviの「闘病生活」

2017.12.12

そして、初のシリーズ化、viviの追憶「あの日あの時そして今」#1~#8

うつ病viviの追憶#1「あの日あの時そして今_幼児期編」

2018.01.04

viviの幼い時から社会人になるまでを書いた

もしも、あの時に精神科へ連れて行ってくれてたら、ここまで、ひどくなってなかったかもしれない

でも、当時は、精神科というと偏見があり、現代のような気軽さはなかった

viviが、こうなってしまったのには、いろいろと訳があるのだ

その他は、太って膝を悪くしたこと

思わぬことで、腰に病が見つかったこと

それから、シリーズ化として、記憶に新しいものは「治験日記」#1~#20

うつ病viviの治験日記#1「二度目の治験申請」

2018.05.30

これは、今、思い出しても、かなり、きつかった

きつかったけど、なんとか記録に残そうと、必死で書いた

何が、そんなにきつかったかというと、うつ病の治験を始めるために、服用している薬の段階的な減薬断薬

思い出すと、ぞっとする

精神安定剤を飲めないストレスで食欲も減退、体を壊して、飲んでもいい薬まで、受けつけなくなった

ひどい吐き気と口の中の気持ち悪さ

食事が全く、とれなくなって、このまま死んでしまうのではないかと感じた

お父さんが死ぬ前の状況に似ていたため、お母さんには、そのことを思い出させてしまった

そして、悩みに悩んで、治験中止を申し出た

うつ病viviの治験日記#19「治験止めてきました」

2018.07.24

結果的には、ウイルス感染症(ピロリ菌?)と診断され、一か月ほどで、完治した

今では、すっかり、よくなり、ご飯も食べれるようになった

また、精神安定剤も飲めるようになり、元に戻った

ご飯を食べれないのが、あんなに、きついものだとは、思わなかった

今でも思う

あのまま、治験を続行していたら、どうなってただろうと・・

弱音を吐いて、止めてよかったと、つくづく思う

viviと精神安定剤は、切り離すことはできない

これで、よかったのだと思う

viviの足跡は、文章にも現れている

成長したのかどうかは、さておき、表現の仕方が変わった

最初から、読んで下さった方たちは、お気づきだろう

viviの足跡は確実に、ここAKARIに残っている

ここは、viviの居場所

新しい足跡も残し始めた

それは、インスタグラムakari_media

どちらも、大切な居場所

これからも、支援員さんたちに、見守られ、この道を歩いて行く

ゆっくり、焦らず、のんびりと

これからも、viviは、足跡を残していく

うつ病viviの気持ちや体験談がわかるおすすめ記事12選!

2018.10.25

【AKARIの新しい取り組み】
あなたの声をAKARIにしよう!

小さい声だと届かない思いを、AKARIを使って社会に発信しませんか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

うつ病と闘うアラフィフ。おまけに、腰部脊柱管狭窄症!踏んだり蹴ったり。のんびり穏やかに毎日を送っていきたいと思ってます。個人のブログサイト始めました。(閲覧は↓のwebsiteをクリック)