歯磨きのときの吐き気 原因は? 対策は? 

この記事は約 5 分で読むことができます。

歯磨きのときの「オエッ!」。なんなのでしょうか? どうにかならないのでしょうか?

歯磨きのときの吐き気に困っている人は多いと思います。僕もその一人です。すがすがしい朝、歯を磨いてスッキリしようとしたら、「オエッ!」となって涙目になって……。

大丈夫です。あなたが「オエッ!」となっているとき、僕も「オエエッ! ウゥエエッ!」となって涙目になっています(ぜんぜん大丈夫じゃない)。

あれの原因、いったいなんなのでしょうか。

可能性1.嘔吐反射(おうとはんしゃ)

風邪をひいて病院へ行き、お医者さんから「喉を診るので舌を出してください」と言われて、器具で舌を押さえられたときに「オエッ!」となりますよね。あれが嘔吐反射です。

生物学でいう「反射」とは「特定の刺激に対する意識的によるものではない反応」です。反応の大きさは人それぞれで、お医者さんに舌を押さえられても平気な人もいれば、舌を前方に出しただけで「オエッ!」となる人もいます。

歯ブラシで奥歯を磨こうとしたときに「オエッ!」となるだけであれば(前歯のときは平気であれば)、この嘔吐反射の可能性が高いです。

可能性2.タバコ

タバコを吸う人、とくにヘビースモーカーには、歯磨きと「オエッ!」がワンセットになっている方が多くいます。

タバコの刺激性化学物質によって喉の粘膜が傷ついて、喉が過敏に反応するようになってしまっているのです。

可能性3.逆流性食道炎

逆流性食道炎とは、胃酸を含む胃の内容物が食道内まで逆流し、それによって食道が炎症を起こして、胸やけなどの症状を起こす疾患です。

胸やけ、胃もたれ、ゲップがよく出る、食べ物を飲み込みにくくなるなどとともに、ちょっとしたことで吐き気を催すのも逆流性食道炎の典型的な症状です。

逆流性食道炎の主な原因は、食道と胃のつなぎ目の筋肉の衰え、そして食生活の乱れです。

食生活の乱れに自覚があり、上記の症状があるのであれば、逆流性食道炎が原因かもしれません。

可能性4.肝機能の低下

肝臓の機能が低下すると、尿の色が濃くなる、倦怠感、食欲不振、そして吐き気などの症状が現れます。

歯磨きのときの「オエッ!」とともにこれらの症状に覚えがあれば、肝機能の低下を疑ってよいでしょう。

歯磨きのときの吐き気、対策は?

1.嘔吐反射への対策

嘔吐反射は個人差があります。ひどい人は歯医者で口を開くだけで「オエッ!」となったり、口の中からではなく外から喉を触られるだけで「オエッ!」となるためタートルネックの服が着れなかったりと様々です。しかしどんな人でも歯磨きをしないわけにはいきません。虫歯になっちゃうし、「口、臭い!」なんて言われたら傷ついちゃいますからね。

そこで嘔吐反射を少しでも抑えるために、ヘッドの小さな歯ブラシを使ってみるという手があります。歯ブラシが大きいと、奥歯を磨くときにそれだけ口を大きく開けなければならなくなります。ヘッドの小さな歯ブラシで、あまり口を開けなくていいようにすると楽になることがあります。

2.タバコへの対策

厳しい意見かもしれませんが、頑張って本数を減らす、あるいは思い切って禁煙しかありません……本当に厳しい意見かもしれませんが。でも禁煙に成功すれば、朝の「オエッ!」と永遠の別れができるかもしれません。

3.逆流性食道炎への対策

「逆流性食道炎かも!」と思われたのなら病院へ行くことをおすすめします。放置していると潰瘍に進行したり、食道がんになってしまう危険があるからです。

セルフケアとして、食事は腹八分目を心掛ける、酸味の強い食べ物を控える、油っこい食べ物を控える(できれば食べない)、食用油をオリーブオイルにする(オリーブオイルは食物の消化を手助け、便秘を改善する効果があります)などがありますが、まずは胃酸の中和、胃酸の量の調節、食道粘膜の保護を第一に考え、病院で飲み薬を処方してもらいましょう。

4.肝機能の低下への対策

「やばい、これかも」と思われたら、やはり病院へ行くことをおすすめします、というか行きましょう、すぐに。

「沈黙の臓器」の異名を持つ肝臓は、いよいよまずい状態になって初めて「すみません。じつは僕、もう限界を超えちゃいました」と言ってくる臓器です。「肝硬変」という恐ろしい言葉は聞きたくないでしょう。

 

それから、人体には「吐き気を緩和するツボ」というものが存在します。効果は人にもよりますが、「オエッ!」ときたらそれを押してみるのもいいかもしれません。ツボの場所は、

【関衝(かんしょう)】

薬指の爪の付け根にあります。左右両方の手にあり、親指と人差し指で爪を挟むように押してみて、より痛みを感じるほうを重点的に押します。

【合谷(ごうこく)】

左右両方手の甲の、人差し指と親指の間、親指の付け根近くにあります。人差し指と親指で挟むように押してみると痛みを感じるのですぐにわかると思います。肩こりや頭痛にも効果がある、万能のツボです。

歯磨き中に「オエッ!」ときたら、歯ブラシを口から抜き、深呼吸して、試しにこれらのツボを押してみるのもいいでしょう。

最後に。嘔吐反射、タバコ程度が原因であればまだいいのですが……

嘔吐反射は自然なことなのである程度はやむなし、タバコが原因であれば、タバコを減らす或るいはやめればいい……どちらも「まあ仕方ないか」で済ませられることかもしれません。しかし逆流性食道炎や肝機能の低下は「仕方ないか」では済みません。

歯磨きのときの吐き気がきっかけで、体の不調に気づくという可能性もあるのです。健康には気を付けましょう!

パニック障害とうつ病を併発しているTAMAOのおすすめ記事5選!

2018.10.26

【AKARIの新しい取り組み】
あなたの声をAKARIにしよう!

小さい声だと届かない思いを、AKARIを使って社会に発信しませんか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

パニック障害歴9年、うつ病歴5年。いつも元気にパニクったり落ち込んだりしています。 愉快なパニック体験談、うつ病との飽くなき闘いを発信していきたいと思います。