抗うつ薬『SNRI』とは? 効果と副作用、どのように作用するのか

この記事は約 4 分で読むことができます。

1.SNRIってなに?

SNRIとは「セロトニン・ノルアドレナリン再取り込み阻害薬」のことで、脳内の神経細胞から放出されたセロトニン、ノルアドレナリンが、正しい働きをする前に再び元の神経細胞に戻ってしまう(再取り込み)ことを防止する薬です。うつ病患者に対して、SSRI(選択的セロトニン再取り込み阻害薬)とともに一般的に投薬されています。

2.うつ病を患っている人はズバリ、脳内のセロトニンが不足、もしくはセロトニンとノルアドレナリンの両方が不足しています

セロトニンってなに?

緊張や不安を感じる場面で脳内の神経細胞が放出する物質がセロトニンです。セロトニンは緊張や不安を和らげる作用がある神経伝達物質で、脳内のセロトニンが不足すると強い緊張感や不安感を覚えるようになります。この状態が慢性的に続いてしまうのが、いわゆる「うつ病やパニック障害を患っている状態」ということになります。

ノルアドレナリンってなに?

ノルアドレナリンは逆に感情を昂ぶらせたり精神を緊張させる働きのある神経伝達物質で、脳内のノルアドレナリンが不足すると、人間は無気力になってしまいます。この状態もいわゆるうつ病です。

感情を動かすのがノルアドレナリン、それを適度に抑えるのがセロトニンですね。

3.SSRIとSNRIのちがい

SSRIは、セロトニンを脳内に増やすことで緊張や不安を和らげてくれる薬ですが、SNRIはセロトニンに加えノルアドレナリンも増やす薬です。

「神経伝達物質を増やしてくれるのなら、セロトニンとやらだけじゃなく、せっかくだからそのノルアドレナリンとやらも増やしてくれるほうがお得じゃない?」

そう思われるかもしれません。でも、ひとつひとつの神経伝達物質にはそれぞれの役割があり、むやみやたらに何でもかんでも増やせばよいというわけではないのです。

4.ノルアドレナリンが増えすぎると

脳内にノルアドレナリンが増えすぎると、イライラする、怒りやすくなるなど、感情の抑制が難しくなります。なにしろノルアドレナリンは「怒りのホルモン」の異名を持っているくらいでからね。たとえば、すごく怒っている人の脳内はノルアドレナリンで溢れかえっているのです。

5.SSRIとSNRI、どのように使い分ける?

意欲はあるような気はするけど、とにかく憂鬱で体を動かせない、悲しい気分を抑えられない、そんなときはセロトニンを増やすSSRI。

意欲そのものがない、そもそも感情がまったく動かないというようなときは、感情を揺り動かすためにノルアドレナリンを増やし、なおかつセロトニンも増やしてノルアドレナリンの暴走を抑えてくれるSNRI、いうことになります。

うつ病とパニック障害を併発しているときはSSRIが第一選択となっています。全ての症例に当てはまるわけではありませんが、パニック発作が起きているときは脳内にノルアドレナリンが溢れかえっているので、SNRIでノルアドレナリンをさらに増やしてしまうとエライことになっちゃいますからね。

ですので、症状によってSSRIとSNRIを使い分けるというのが理想的です。

6.SNRI、副作用は?

人によって、めまい、ふらつき、眠気、頭痛、吐き気、便秘、口喝などの症状が現れる場合があります。また肝・腎障害患者には禁忌とされています。

7.まとめ 自分の症状をしっかり把握し、自分に合った薬を

重要なのは、自分の症状をしっかり把握し、それをお医者さんに確実に伝えることです。それこそが自分に合った正しい薬を処方してもらうことに繋がります。また、処方された薬を服用し、その後の経過もしっかり伝えることも大切です。

動物や植物の観察日記をつけるように、日頃の自分自身をよく見つめ、薬、お医者さん、本人みんなで協力することが、快復への近道ですね。

 

パニック障害とうつ病を併発しているTAMAOのおすすめ記事5選!

2018.10.26

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

パニック障害歴9年、うつ病歴5年。いつも元気にパニクったり落ち込んだりしています。 愉快なパニック体験談、うつ病との飽くなき闘いを発信していきたいと思います。