うつ病viviの日常「睡眠障がいとコーヒーとタバコ」

この記事は約 2 分で読むことができます。

うつ病viviの日常「睡眠障がいとコーヒーとタバコ」

 

はじめに

viviは、相変わらず21時に寝て、3時間ぐらいで夜中に起きる

それから、どうするの?

起きた時、まず、することは、眠たくて目はつぶれてるのに、ツイッターを巡回

そのまま、寝落ちする時もあるけれど、大抵、起き上がる

自室(寝室は別)に行って、タバコを吸う

アイスコーヒーを入れる

そして、椅子に座ったまま、寝ようとする

もしくは、そのまま寝てしまう

1時間ぐらい、そんな調子で、「こりゃ、いかん」とアイスコーヒーを一気飲み

その冷たさで目が覚めてくる

目が覚めたら?

ツイート

「1回目の目覚め。眠たいなら眠ればいいのに、また、無理に起きてしまった」

そして、ベッドに戻る

すぐ寝る時もあれば、寝ない時もある

そんな時は、AKARIの下書き

これと言って、何を書いてるのかわからない

指が動くまま、それに任せる

書きながら、ツイッターと行ったり来たり

一体、何がしたいのか、わからない

いつから、そうなったのか?

TANOSHIKAに来る前から、この無理に目を覚まそうとする行動は、うつ病になってからというもの、なんら、変わりない

どうしてだと思う?

寝ぼけてふわふわふらふらしてる自分が許せないんじゃないかな

一度、しっかり目を覚まさないと気が済まない

目をというより、意識をはっきりさせたい

意識がはっきりしたら、ベッドに戻る

謎だらけの行動だけど、多分、そんなところ

きっと、怖いんだと思う

たくさんの精神安定剤を飲んで、ふらふらになってる自分が怖い

怖くて許せないんじゃないかな?

それか、自分の1人の時間が欲しいのかもしれない

確かに、夜中の静けさが好きだ

これからも、続く?

どれが理由だとしても、無理に目を覚まそうとする癖は、もう、嫌だ

だけど、コントロール不能

なぜなら、無意識にやっているから

viviは、今夜も無理に目を覚まして、何かをしようとするだろう

この行動だけは、解明されない

同じ悩みを抱える人がいたら、コメントください

参考にしたいです

うつ病viviの気持ちや体験談がわかるおすすめ記事12選!

2018.10.25

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

うつ病と闘うアラフィフ。おまけに、腰部脊柱管狭窄症!踏んだり蹴ったり。のんびり穏やかに毎日を送っていきたいと思ってます。個人のブログサイト始めました。(閲覧は↓のwebsiteをクリック)