オーバードーズは損するだけ

この記事は約 5 分で読むことができます。

薬の大量摂取 僕のオーバードーズ体験談

 

もしもオーバードーズ(OD)を考えていらっしゃったら――

ズバリ結論から言って、損するだけです。というのも、市販の薬はもちろん、心療内科で処方される薬ですらいくら一度に大量に飲んでも死ぬことはないし、余計な苦しみを味わうだけだからです

 

以下、僕の体験談です。

 

僕は当時、ジェイゾロフト50mg錠、ジェイゾロフト25mg錠、ソラナックス0.4mg錠、バルプロ酸ナトリウム200mg錠、ブロチゾラム0.25mg錠、ジプレキサ2.5mg錠を処方されていました。

朝食後にジェイゾロフト50mgとソラナックスを1錠ずつ、昼食後にジェイゾロフト25mgを1錠、夕方にソラナックスを1錠、就寝前にブロチゾラムを1錠。そして突然パニックが出たときに頓服としてジプレキサを、という具合に服用していました。

僕の通院は二週間ごとだったのですが、自殺を計画した僕は、二週間、全ての薬を飲まずに溜めておきました。そして次の通院日、普段通り二週間分の薬をもらい、家に帰りました。

こうして僕は四週間分の薬を手にしました。

ジェイゾロフト50mg錠、ジェイゾロフト25mg錠、バルプロ酸ナトリウム200mg錠、ブロチゾラム0.25mg錠をそれぞれ28錠ずつ、ソラナックス0.4mgは56錠、ジプレキサは頓服薬なので10錠です。

計178錠。これら全ての薬に、程度の差こそあれ眠気を誘発する作用があります。とくにブロチゾラムは睡眠導入剤だし、ジプレキサは昏睡状態には禁忌とされています。

これだけの量、そしてこれらの組み合わせであれば、強い酒で流し込んで大成功! だと思いました。

 

僕は深夜、近所の河原へ行き、駐車場に車を停めました。

薬は全て、予めシートから取り出してポリ袋に入れておきました。

僕はポリ袋から薬をつかみあげて口に放り込み、ウイスキーをラッパ飲みして薬を胃へと流し込みました。

178錠を飲むのはなかなか大変です。なんどもなんどもポリ袋に手を突っ込み、一回に10錠ほどずつ、ウイスキーで流し込んでいきました。口の中はそりゃあもう酷い味がしました。

 

全て飲み終わり、あとは薬が効いてくるのを待つだけです。僕は車のシートに沈み込み、ウイスキーをちびちび飲みながら目を閉じました。

 

そして……

 

気がつくと……

 

夕方でした。

普通に車のシートに座っていました。

深夜にオーバードーズした僕は、次の日の夕方、車の中で目を覚ましたのでした。

気分は最悪でした。頭は掌底でブン殴られ続けているかのようにガンガン脈打って痛み、身を起こそうとすると猛烈な倦怠感。激しい喉の渇き。自動販売機で水を買おうと車から降りると、ふらついて歩けませんでした。

「なんだよ……失敗かよ」

ものすごくみじめな気分でしたが、とにかくまず家に帰ろうと思いました。

まるで酔っ払い運転で危なっかしかったですが、どうにか家にたどり着き、そのまま布団に倒れ込んで眠りました。その後二日間、トイレのとき以外、ずっと布団の上で過ごしました。

 

オーバードーズについてネットで見てみると、超強力なジプレキサですら、2000mgの超大量摂取でも生存報告があるとのことでした。2000mgというと800錠ですよ! 178錠ですら飲むのにあんなに苦労したというのに800錠!? ちょっと僕には想像ができません。

そして、とにかく分かったことは「オーバードーズで死ぬことは現在はほぼ不可能」ということです。現在の薬は数百錠どころか数千錠飲まないと死には至らないそうです。はたしてそんなに胃に入るものなのでしょうか?

 

ちなみに僕は胃洗浄の経験もあります。懲りずにオーバードーズし、気が付いたら病院のベッドの上でした。

胃洗浄はものすごく苦しいと聞いたことがあったのですが、どうやら深い眠りに落ちているうちに終わったようで、苦痛を感じることはありませんでした。ただ、口のまわりや服が真っ白に汚れていました。

そしてみじめだったのが――

なんか常に尿が漏れているような違和感があったのでそれを訴えたところ、尿道に管を通しているのでそのせいだとのこと。

女性の看護師さんが「もう外しましょうか?」というので「お願いします」と答えたところ、下半身に掛けられていた毛布を剥ぎ取られたました。そこで僕が目にした光景は!

すっ裸の下半身、そして……ブッ刺さった管!

「おい! いつの間に脱がしたんだ!? そしていつの間にブッ刺したんだ!? 見たのか? 僕のシンボルを見たのか!? そして触ったんだな!? すごくじっくり触ったんだな!?」心の中で叫びました。

「管を抜くとき、ちょっと痛いですよ」と看護師さん(女性)。

「はい……お願いします……いててててててててて!!!!」

……ものすごく恥ずかしく、みじめな気分を味わいました……。

 

オーバードーズは損するだけですよ。死なないし、ただ肝臓や腎臓を傷めるだけです。そしてすごく恥ずかしい思いをします。

 

パニック障害とうつ病を併発しているTAMAOのおすすめ記事5選!

2018.10.26

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

パニック障害歴9年、うつ病歴5年。いつも元気にパニクったり落ち込んだりしています。 愉快なパニック体験談、うつ病との飽くなき闘いを発信していきたいと思います。