攻撃的うつの人との接し方

この記事は約 3 分で読むことができます。

うつの人にかけるべき言葉とは? 言ってはいけない言葉とは? うつの人との接し方とは?

 

結論から言います。うつ病の人に「かけるべき」言葉というのは存在しません。言葉をかけてあげる必要性はとくにないのです。

でも、「かけられて嬉しい言葉」はあります。正確には言葉ではないのですが、例えば……そうですね……

うつの人が何かをしようとしているとします。家事とか。

そのときに、「いいのいいの、そんなことしなくて。休んでて」とかはいいですね。またこのときに限っては、「ダメ、そんなことしちゃ! いまは休むことが仕事なんだから、休んでなさい!」みたいにちょっと強めに(もちろんやさしさを込めて)言ってあげるのもいいですね。気遣ってもらえていることがよく伝わります。

 

ヘタな慰めの言葉はとくに必要ではないですね。例えば「つらいよね、わかるよ」とか「ずっと頑張ってきたもんねえ」とか。

「薬はちゃんと飲んだ? まだならはやく飲みなさい!」とか「寝る時間だから寝なさい!」とかは全然OKです。こういうのに限っては、強めの言葉でもOKなんです。うつの軽減を最優先に考えてくれている故の口調だということがわかるからです。

 

あとは普通に接するのがいいと思います。普通に。

変に気を遣わず、普通に。

 

ただ……別記事にも書きましたが、うつの人って言葉に敏感なんですよね。

うつの人の中にはすごく攻撃的になるタイプの人がいますが、そういう人はとくに言葉に敏感です。

そういう人のそういう態度に触れたとき、すごく戸惑うと思います。「えっえっ? なに? なにがいけなかったの?」と。

攻撃的な態度を示す人は、どうにもならない自分の感情をどうにか晴らしたいと、常に、いわば八つ当たりの対象を探しています(僕なんかそのタイプなのですが)。

すごく面倒くさいと思います、このタイプは。

このタイプ、僕のようなタイプはものすごく些細なことでものすごく怒ります。こういうタイプの人に対しては、もう怒らせてしまうことは仕方がないと思います。だってその人自らが怒ろう怒ろうとしているのですから。

そういうめんどくさい人とは関わらない、それができるのであれば、それが一番なのかもしれません、僕のような人間にとっては寂しいことですが。人間と人間のことですからこればかりは仕方ないですね……。

でも、もし接してくださるのなら……または家族といった関わりを断つことが出来ない間柄であれば……

大目に見ていただければと思います。とつぜん狂ったように怒り出すときがあると思いますが、そのときは「何がいけなかったの?」とやさしく問いかけてくださればと思います。そうしていただければ、怒り狂いながらも「これこれこんなところに、猛烈に腹が立った!」と説明することができます。そして、「わかった、それはもう言わないようにするからね」と言ってくだされば……本当に本当に助かります。

すみません……お手数をおかけします……。

 

パニック障害とうつ病を併発しているTAMAOのおすすめ記事5選!

2018.10.26

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

パニック障害歴9年、うつ病歴5年。いつも元気にパニクったり落ち込んだりしています。 愉快なパニック体験談、うつ病との飽くなき闘いを発信していきたいと思います。