うつ病viviのつぶやき「ベッドが快適すぎて」

この記事は約 3 分で読むことができます。

うつ病viviのつぶやき「ベッドが快適すぎて」

 

viviは、最近、日によって、よく眠れる日があります

そういう時は、大抵、睡眠薬に精神安定剤を大量に足して寝てるのですが、他に秘訣があります

ポイントは風呂上がり

風呂上りは、今のviviにとって、とても気持ちのいい時です

以前は、「風呂上がりの憂うつ」がありましたが、今は、ありません

あんなに、もがき苦しんでたのがうそのようです

今は、まあまあスッキリとして、お風呂から上がれます

ならば、飲まなければいいとお思いでしょうが、精神安定剤は手放せません

なにかしら、不安や一日のストレスが湧き上がってくるからです

でも、気持ちはいいです

ほっとします

薬を飲むと益々、ほっとします

その時に、睡眠薬と精神安定剤を多めに飲んで、すぐに、ベッドに入ると、すぐに寝つけます

viviは、早寝早起きです

それも、以前は21時にベッドに入ってましたが、最近では20時半

そして、何度か起きる時も多々ありますが、寝れるときは2時過ぎまで寝ています

まだ、睡眠時間としては、短い方かもしれませんが、viviには、十分な睡眠時間です

それに、寝ようと思えば、また、寝れます

でも、夢は見ます

悪夢とまではいかないけど、はっきりとした意味深な夢です

ルネスタの副作用に「悪夢」というものもあります

多分、そのせいでしょう

ルネスタは、以前までは3mgを飲んでました

その頃は、中途覚醒の方がひどくて、あまり、はっきりとした夢は見てなかったのですが、2mgになって、よく、夢を見るようになりました

viviは、元々、夢見が悪く長い長い夢を見ては、うなされてました

それが、ルネスタ3mgやムコスタを飲み始めて、夢を見る時間が短くなり、目覚めた時の気分の悪さが少なくなりました

その代わり、副作用で中途覚醒しますけどね

今は少し、元に戻って、長い夢を見るようになり、早朝覚醒で、早くに目が覚めるというわけです

それでも、viviには、今が丁度いいと思ってます

季節的にもベッドがふわふわして優しく心地よいし、何よりベッドのカバーリング(掛け布団カバー、敷きパット、枕カバー)が新品になったせいでしょう

毎晩、快適です

毎晩、ベッドに入るのが、楽しみで、早く入りたいと思ってしまいます

ふわふわぬくぬくは,viviにとっては、最高の環境です

たまに、早く起きてもすぐに、眠れます

その後は、ツイッターしたり、もぞもぞしたり、快適なベッドの中で朝を迎えます

二度寝、三度寝することもありますが、なんせ、快適なので、きついけど気持ちがいいです

昨年までとは、違う眠りがここにあります

睡眠って、大事なんだなって、最近、特に思います

これから、冬に入ると電気敷パットを使います

楽しみです

よりよく眠れそうな気がしてます

とにもかくにも、思い切って、ベッドのカバーリングを替えてよかったです

ふわふわぬくぬくは、快適です

うつ病viviの気持ちや体験談がわかるおすすめ記事12選!

2018.10.25

【AKARIの新しい取り組み】
あなたの声をAKARIにしよう!

小さい声だと届かない思いを、AKARIを使って社会に発信しませんか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

うつ病と闘うアラフィフ。おまけに、腰部脊柱管狭窄症!踏んだり蹴ったり。のんびり穏やかに毎日を送っていきたいと思ってます。個人のブログサイト始めました。(閲覧は↓のwebsiteをクリック)