うつ病viviのメッセージ「早まらないで」

この記事は約 2 分で読むことができます。

うつ病viviのメッセージ「早まらないで」

 

viviのツイッター仲間の中に、自殺願望を持つ人が一人います

(このようなこと、ここに書いていいのかわかりませんが・・)

その人は、始め9月に死のうとしたそうです

でも、周囲の人に説得され、とりあえず、その時はあきらめたそうですが、今は12月に死にますと宣言しています

その人は、私の大切なツイッターの友達です

いつも、遠くから見守ってくれてます

「いつでも、飛んでいきます」

といってくれる心強い友達

失いたくない大切な友達

なんとか、彼を止められないものか?

どうか、生きることを選択してほしい

私も、死にたいと思ったことは、幾度もあります

でも、死ぬのは想像するだけで、生きることを生き続けることを選択しました

理由は、1%の希望に賭けたこと

1%でも、未来に希望があるのなら、それに賭けてみようと思ったから

結果は、1%以上だった

生きててよかったと思える瞬間があった

それも、何度も

それは、かけがえのない瞬間で、あぁ、生きてるって、こういうことかって思えた

「誰かに、ありがとう」と言ってもらえただけで、嬉しかったりもするし

「おめでとう」と言われると、涙がこぼれてくるほどうれしい時がある

そんな、単純なやりとりの中で、生きててよかったと思えることがあることを彼に教えてあげたい

必ずある

1%以上の希望

ツイッターでは、側にいても、遠くに離れているから、私の思いは伝わらないかもしれないけど

何か、もっと、気の利いた言葉はないだろうか

どうすれば、いいんだろう

彼をなんとかして、止めなければ

うつ病viviの気持ちや体験談がわかるおすすめ記事12選!

2018.10.25

【AKARIの新しい取り組み】
あなたの声をAKARIにしよう!

小さい声だと届かない思いを、AKARIを使って社会に発信しませんか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

うつ病と闘うアラフィフ。おまけに、腰部脊柱管狭窄症!踏んだり蹴ったり。のんびり穏やかに毎日を送っていきたいと思ってます。個人のブログサイト始めました。(閲覧は↓のwebsiteをクリック)