うつ病viviの持病「腰部脊柱管狭窄症」

この記事は約 2 分で読むことができます。

うつ病viviの持病「腰部脊柱管狭窄症」

 

viviには、整形外科的疾患、腰部脊柱管狭窄症という持病があります

以前、「まさかの腰部脊柱管狭窄症」というブログを書かせてもらいました

腰部脊柱管狭窄症とは、

加齢などにより腰のあたりの背骨が変形したり、軟骨が突き出たりすることで、脊柱管内の神経やその中を通っている血管が圧迫されて、腰痛やしびれ、痛みだるさなどが生じる病気。

私の場合、腰のある部分の、脊柱管が狭まってつぶれているそうで、ひどい時は手術になるけど、そこまではしなくてもいいという診断

発覚したのは、今年4月。4か月のリハビリを受けて、今は、薬物治療のみとなりました

最初の1ヶ月は、それで、よかったのですが、だんだん、調子が悪くなってきました

というのも、私の場合、症状に、腰痛のほか、太ももやふくらはぎのだるさがあり、それが、最近、復活してきているからです

仕事は、座りっぱなしで、動かない

早い時は、4時限目あたりから、それは襲ってきます

まずは、ふくらはぎのだるさ

そして、太もものだるさ

筋肉が硬直しているのが、わかります

わしづかみして、自分でマッサージしますが、効き目はありません

ちょっと、エコノミー症候群を疑いましたが、やっぱり、腰から来ているようで、長く座っていると、腰が痛くなることがあります

それは、お風呂に入っても、よくなりません

お風呂上がりに、ふくらはぎや太もも、腰に湿布を張って、寝るまで続きます

やっぱり、リハビリ(理学療法)が、必要かなと思う今日この頃です

でも、リハビリ始めたら、医療費がかかるし、悩みどころです

しかし、背に腹は変えられません

鍼灸やマッサージ院にいくことも考えましたが、金銭的には病院の方が安くつくと思い、考えをあらためました

今度、月末、薬をもらいに行く時に、主治医に相談してみようかと思いました

うつ病viviの気持ちや体験談がわかるおすすめ記事12選!

2018.10.25

【AKARIの新しい取り組み】
あなたの声をAKARIにしよう!

小さい声だと届かない思いを、AKARIを使って社会に発信しませんか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

うつ病と闘うアラフィフ。おまけに、腰部脊柱管狭窄症!踏んだり蹴ったり。のんびり穏やかに毎日を送っていきたいと思ってます。個人のブログサイト始めました。(閲覧は↓のwebsiteをクリック)