うつ病viviのつぶやき「話しかけてくれた」

この記事は約 2 分で読むことができます。

うつ病viviのつぶやき「話しかけてくれた」

 

viviは、しばらく、独りよがりになってました

ただの意地っ張りです

それは、突然の出来事でした

ごくごく普通に、話しかけてくれました

うれしかったです

何が、きっかけになるかは、わからないものですね

viviは、まだ、意地っ張りのままかもしれませんが、そろそろ心を開く努力をしなければならない時がきたようです

でも、まだ、それは、怖いです

いかんせん、うつ病ですから・・

傷つくのが怖い

これ以上、自分が傷つくことも、相手を傷つけることも、したくない

でも、攻撃的私は、結果、傷つけてしまう

そう思うと、今のまま、おとなしく、いつもの私でいるのが無難

ツイッターでつぶやいて、ツイッター仲間に励まされ

黙々と仕事する

viviが望むのは、充実した一日

今日も明日も明後日も

みんなが望んでることでしょう

充実した一日にするためには、まず、何をしたらいいのか?

viviの場合は、文章を書き続けること

書いて書いて書きまくる!

書いてるうちに、自分の心の中が見えてくる

viviは、何を求めているのか?

まだ、わからない

わからないうちは、まだ、自分が見えてないということ

あなたも、壁にぶち当たったら、何か、書いてみて

書いてるうちに、自分が見えてくるはず

時間はかかるかもしれないけど、無心で、キーボードをカタカタ

そのうち、何かが見えてくる

viviに、今、必要なもの

寂しさを埋めるための確かなもの

精神安定剤に頼らない生き方

これを機に少し、変わってみようか?

今すぐには、無理だけど、もう少し、書き続けていけば変われるかもしれない

どんな意地っ張りでも、いつかは、素直になれる日が、きっと来る

その日が来るまで、焦らず、のんびり、歩いて行きます

うつ病viviの気持ちや体験談がわかるおすすめ記事12選!

2018.10.25

【AKARIの新しい取り組み】
あなたの声をAKARIにしよう!

小さい声だと届かない思いを、AKARIを使って社会に発信しませんか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

うつ病と闘うアラフィフ。おまけに、腰部脊柱管狭窄症!踏んだり蹴ったり。のんびり穏やかに毎日を送っていきたいと思ってます。個人のブログサイト始めました。(閲覧は↓のwebsiteをクリック)