うつ病viviのつぶやき「うつ悪化したと思ったけどツイッターに救われました」

この記事は約 3 分で読むことができます。

うつ病viviのつぶやき「うつ悪化したと思ったけどツイッターに救われました」

 

viviは、このところ、うつが悪化したようで苦しんでました

「私なんか、この世にいない方がいいんじゃないか?」

とさえ思いました

先日、「メール依存症」というブログを書かせてもらいました

viviは、独りでいいんだ

そう、自分に言い聞かせたものの、寂しくて仕方ない

独りで悩んで、独りで苦しんで

こんなことなら、最初から独りでいればよかった

独りじゃない楽しさを知ってしまったから、こうなった

viviに、幸せは来ない

お母さんと二人きりの生活

これに限る

誰にも邪魔されない二人きりの生活

お母さんといれば、何も怖くない

完全に気分が滅入ってしまいました

昨日は、仕事もとうとう、休んでしまい、たくさん精神安定剤を飲みました

そして、なんとか、気分転換をしようと立ち上がりました

うちの中の片づけをしたり、植木を入れ替えたり

街にもでました

そして、寝る前のこと

ツイッターにつぶやいたところ、たくさんの励ましの言葉をかけられました

これまで生きてきて、言われたことのない言葉の数々

遠くにいるのに、まるで、すぐ側にいてくれてるかのように

優しく包み込んでくれました

本当に嬉しかった

「いつも、いつも、俺のくだらないつぶやきをいいねしてくれてる人がつらい思いをしてるなら話しかけるのは、当たり前ですよ」

と言ってくれました

「側にいるみたいだね」と話しかけたら

「側にいますよ、viviさんがviviさんのままでいられるように俺がviviさんを必要としてます」

「なんか、あったら俺を頼ってくれると嬉しいです。俺のくだらないつぶやき見て笑って下さい」

「明日、viviさんの気持ちが少しでも和らげるように祈ってます。すぐ、飛んでいけるようにしてますからご安心を」

こんなこと言われたら、誰でも、嬉しいですよね

私は、憂うつな気分が吹き飛びました

もう、大丈夫

viviは、目が覚めました

また、別の人からは、こんなことも言われました

「薄皮が剥がれるように、いつのまにか抜け出せますよ。焦らずです」

薄皮剥がれました

こんなにも、素敵な面々に囲まれて、viviは幸せです

一時は、自分を見失いかけました

何をしても、心が空っぽで、生きる気力さえなくなりかけました

でも、viviは、ただでは起き上がらない

そんな強さを秘めていたことを思い出させてくれました

ご心配おかけしました

七転び八起き

viviは、また、立ち上がりました

ツイッターを始めてよかった

これからも、AKARIもインスタakari_media

一人でも多くの人に届けます

viviが、受け取った、たくさんのメッセージのように

皆様にもメッセージを届けていきます

よろしくお願いします

うつ病viviの気持ちや体験談がわかるおすすめ記事12選!

2018.10.25

【AKARIの新しい取り組み】
あなたの声をAKARIにしよう!

小さい声だと届かない思いを、AKARIを使って社会に発信しませんか?

1 個のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    ABOUTこの記事をかいた人

    うつ病と闘うアラフィフ。おまけに、腰部脊柱管狭窄症!踏んだり蹴ったり。のんびり穏やかに毎日を送っていきたいと思ってます。個人のブログサイト始めました。(閲覧は↓のwebsiteをクリック)