うつ病viviの自己紹介「歳をとりました」

この記事は約 2 分で読むことができます。

うつ病viviの自己紹介「歳をとりました」

 

うつ病と診断されて、かれこれ9年かな・・
あまり、長いので忘れかけてます

随分、歳をとりました

それまでは、医療事務の仕事についてました

その時は、すでに、うつ病と診断されてました

自分で立ち直ろうと必死でした

でも、ある日、勤務中、肝心要な仕事をしなければならない時に、頭の中のネジが、完全に止まってしまい、仕事が出来なくなってしまいました

当時の主治医に「あなたは、野戦病院にはむかないんですよ」

と言われました

しばらく、休職して、結局、辞めてしまいました

未練がありました

「辞めたくなかった」

今でも、思い出すと、悔しかった事を思い出します

辞めないために、もがきました

でも、主治医の一言で、決心したのです

というより、自分が辞めるしか手がなかった

今は、もう、平気です

なぜなら、新しい居場所ができたからです

それが、TANOSHIKA 「AKARI」そして「akari_madia」

ここは、快適です

ありのままの私を表現できる

きっと、うつ病になって、今の主治医の一言がなければ、いまだに苦しんでいたでしょう

いいえ、今でも、まだ、どこかで苦しんでいるかもしれません

精神安定剤に、どっぷり浸かり、何かを忘れようとしている

あれだけ、もがき苦しんだんですもの

こればっかりは、仕方がないです

だから、ここは救世主

私を救ってくれました

TANOSHIKAは、そんなところです

今では、毎日、楽しく、お仕事させて頂いてます

文章を書く

書いて書いて書いて

書きながら、自分の心を治めています

そして、いつか、精神安定剤に頼らなくてもいいように

お母さんに甘えなくてもいいように

自立した人間になる

それが、今の私の夢

お母さんを守れる人間になりたい

もう、いい歳だからね

いつになるかは、わからないけれど待っててね

うつ病viviの気持ちや体験談がわかるおすすめ記事12選!

2018.10.25

【AKARIの新しい取り組み】
あなたの声をAKARIにしよう!

小さい声だと届かない思いを、AKARIを使って社会に発信しませんか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

うつ病と闘うアラフィフ。おまけに、腰部脊柱管狭窄症!踏んだり蹴ったり。のんびり穏やかに毎日を送っていきたいと思ってます。個人のブログサイト始めました。(閲覧は↓のwebsiteをクリック)