うつ病viviのつぶやき「中途覚醒はきついよ」

この記事は約 3 分で読むことができます。

うつ病viviのつぶやき「中途覚醒はきついよ」

 

viviは、中途覚醒、早朝覚醒、そして熟眠障がいなんです

簡単に、説明すると・・

中途覚醒とは、夜中に何度も目が覚め、その後、なかなか寝つけない状態

早朝覚醒とは、起床予定時刻より早く目が覚めてしまう状態

熟眠障がいとは、眠りが浅く、睡眠時間は十分でも、ぐっすり眠った満足感が得られない状態

原因は、さまざま。生活習慣の乱れの他に、ストレスや体の病気、心の病気、、薬や刺激物、加齢の進行などがあるそうです

viviは、睡眠薬を二種類飲んでます

それと精神安定剤

睡眠薬は、ロゼレム錠8mg(寝つきをよくする薬)、ルネスタ錠3mg(熟睡できるようにする薬、寝つきを良くする薬)

精神安定剤は、リボトリール錠0.5mgを2錠(脳の神経の過剰な興奮を抑える働きがあります)

以上の他に、その時によって、ソラナックス錠やリスパタール内用液を飲みます。

寝つきは、良いのですが、どうしても、途中で起きてしまいます

それも、何回も

先日なんか、21時に薬を飲んで、一回目の目覚めが23時半ごろでした

ふらふらと起き上がって、いつものアイスコーヒーをいれて、自室に行って、うとうと

気が付いたら、椅子に座ったまま、1時間半ほど寝てました

その時の目覚めは、よかったです

その代わり、そのあと、なかなか、寝つけず、2時間ぐらい起きていて、結局、エビリファイ内用液を飲みました

そしたら、なんとか眠れました

でも、熟睡ではありません

何度か起きました

こんな夜が、viviには毎夜毎夜とは言いませんが、続きます

とても、きついです

主治医から、もう少し、強い睡眠薬だそうかと言われますが、私の場合、それでも、起きてしまったことがあるので、今のままにしています。

強い睡眠薬にすると、真夜中の行動が、今より、ひどくなり、椅子で寝てしまうこと以上のことが起こるのです。

夢遊病のように、うちの中をふらふら、さまよったり、床の上に転がってたり・・

なので、強い睡眠薬は飲めません

viviの中途覚醒は、多分、治らないもものだと思います

きついけど、こればっかりは仕方ないです

でも、今は、真夜中起きても、同じ中途覚醒のツイッター仲間がいるので、励みになってます

同じ悩みを抱えている仲間がいる

だから、このことは、細かいことは気にせず、明るく乗り越えたいと思います

うつ病viviの気持ちや体験談がわかるおすすめ記事12選!

2018.10.25

 

【AKARIの新しい取り組み】
あなたの声をAKARIにしよう!

小さい声だと届かない思いを、AKARIを使って社会に発信しませんか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

うつ病と闘うアラフィフ。おまけに、腰部脊柱管狭窄症!踏んだり蹴ったり。のんびり穏やかに毎日を送っていきたいと思ってます。個人のブログサイト始めました。(閲覧は↓のwebsiteをクリック)