うつ病viviの記事の作り方「viviの記事は、こうしてできる!」

この記事は約 2 分で読むことができます。

うつ病viviの記事の作り方「viviの記事は、こうしてできる!」

 

viviは、大体、1日1~2投稿、ブログや記事をAKARIに掲載します

よく、そんなに書けるねと言われることも、しばしば、あります。

自分でも、よく、書けるもんだと思います

viviの場合、大抵、真夜中、一眠りしたあと、アイデアが浮かびます

まずは、タイトル

タイトルさえ浮かべば、あとは携帯のGoogleドライブに下書きしていきます

それからは、言葉の連想です

書いてる時間は、

1時間から二時間といったところでしょうか

書きながら、朝を迎えることもあります

一度、思い浮かぶと、指先が止まらなくなってしまいます

次か次に、浮かんでくる言葉のシャワー

書き出したら、もう、夢中です

気が付けば、「携帯の充電がぁ~」ということもあります

そんな時は、一旦、10分ほど充電させるか、
子どものように、ふて寝します

後は、TANOSHIKAに出勤してから、あらためてパソコンに編集しなおしながら、
下書きしていきます

二度手間かもしれませんが、その方が、よりよい文章ができます

そんなviviですが、全く、思い浮かばないときもあるんですよ

こんな時は、正直、焦ります

「今日は、どうしよう!」

「今日は、何を書けばいいの?」

頭の中が、そのことで一杯で、ぐちゃぐちゃになります

そんな状態で、書き始めることもあります

なんでも、ネタにしてしまうんですね

「苦しい」時は、苦しいと

「悲しい」時は、悲しいと

今の自分の正直な気持ちを文章にします

これが、viviのブログや記事の書き方

参考には、ならないかもしれないけど、参考までに

あとは、いろんな人が書いてる作品をみても、
惑わされないこと

自分らしく、今の気持ちを表現すればいいんです

気の利いた言葉もかっこいい言葉もいらない

ありのままでいい

これからも、よろしくお願いします。

うつ病viviの気持ちや体験談がわかるおすすめ記事12選!

2018.10.25

【AKARIの新しい取り組み】
あなたの声をAKARIにしよう!

小さい声だと届かない思いを、AKARIを使って社会に発信しませんか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

うつ病と闘うアラフィフ。おまけに、腰部脊柱管狭窄症!踏んだり蹴ったり。のんびり穏やかに毎日を送っていきたいと思ってます。個人のブログサイト始めました。(閲覧は↓のwebsiteをクリック)