うつ病viviの悩み事「マインドフルネスができない」

この記事は約 2 分で読むことができます。

うつ病viviの悩み事「マインドフルネスができない」

 

TANOSHIKA Webチーム(仮名)では、毎朝、マインドフルネスをします

viviは、残念なことに、マインドフルネスができません

マインドフルネスとは、

・簡単に言うと瞑想のことで、「今、”ここ”に、ただ集中している心のありか方」のこと

・雑念を持たず、リラックスして、ただ今だけに集中して研ぎ澄まされた状態

・無理していないのでストレスもありませんし、最も自分の力を発揮できる状態でもあるわけです

・つまり、マインドフルネスとは、そんな状態のことや、それを目指すプロセスのことを指します

一般的に、普段の我々はそんなマインドフルな状態とは、程遠いところにいます。1日に処理すべき情報量は増え、なかなか心休まる時間を持てませんし、「頭の中のおしゃべりは止まることなく「不安・否定・恐怖・評価・どうにもならない過去のこと・どうでもいいこと」をずっとしゃべり続けています。

一言で言うと「あれこれ考えすぎ」ている訳です

viviは、いつも、「あれこれ考えすぎている」のだと思います。

だから、マインドフルネス(瞑想)ができない

そして、viviの頭の中は、とても、おしゃべりで、休もうとしません

常に、いろんなこと考えています

それこそ、「不安・否定・恐怖・評価・どうにもならない過去のこと・どうでもいいこと」

無心になれないんですね

すきさえあれば、何かを考えている

だから、マインドフルネスの時間は、私にとって、ちょっと、つらい時間でもあります

私が、抱える不安障害も関係してるのかもしれませんね

集中力はあるつもりですが(本当は、ないのかも!)
瞑想だけは、毎日、ここで試してみても,
できない

はがゆいです

どうしてもできない

焦っても、もがいても、仕方ないので

「いつか、できるようになるさ」

っと思って、今は、あきらめてます

マインドフルネスができるようになれば、
もっと、いい仕事ができるんでしょうね

viviは、そう思いながら、

これからもマインドフルネスにチャレンジしていきます

うつ病viviの気持ちや体験談がわかるおすすめ記事12選!

2018.10.25

2 件のコメント

  • こんにちは。通りすがりの瞑想仲間からアドバイスを。
    瞑想は、まさにそのような人のためにあるんですよ。
    集中しようとしても心があちこちに飛散してしまうのは、誰でもそうです。瞑想を通じて出会った人達の誰もがそうでしたし、私もそうです。
    大事なのは、そのことになるべく早く、ただ気付く、ということだけです。
    ただ気付く、というのが大事です。早く気付けて良かった、うまくいった!とか、気付くのが遅れて悪かった、なんて自分はダメなんだ… とか、良し悪しの判断を加えないでください。ただ気付いて、集中の対象に戻ってください。
    これは息の長いトレーニングです。忍耐が大事で、すぐには上達できません。
    でも一歩ずつでも着実に成果の上がる方法です。
    どうぞ無理せず、viviさんのペースで続けてみてください。
    よい瞑想ができますように。

    • コメントありがとうございます。
      瞑想について、よく、わかりました。誰もが初めはそうなんですね。瞑想が出来ない自分にもどかしささえ感じていました。
      息の長いトレーニング続けて、瞑想ができるように頑張ります。
      viviより

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    ABOUTこの記事をかいた人

    うつ病と闘うアラフィフ。おまけに、腰部脊柱管狭窄症!踏んだり蹴ったり。のんびり穏やかに毎日を送っていきたいと思ってます。個人のブログサイト始めました。(閲覧は↓のwebsiteをクリック)