働き方を考える!「速く仕事したら、その分休んじゃダメ?」

この記事は約 2 分で読むことができます。

ぼくの能力はちょっと極端。

すごく速く仕事できて、幅広く仕事できる。

ただ、その分普通の人よりも早く疲れるんだよね。

よく無理しないでと言われる。

 

世の中の人々の働き方をよく知らないけど、

普通の人は仕事のペースをよく保っているんだろうな。

無理しすぎて倒れないように、

バランスを保ちながら仕事しているんだと思う。

 

ぼくもバランスをとって仕事がするのがよいと思ってた。

6割のペースで4時間の勤務時間を過ごすことがよいと思ってた。

そういうペースで仕事することもいいとは思う。

でも、違う働き方もあるんじゃないかなと思ったんだ。

 

ウサギとカメの例えは悪すぎるけど、

一定のペースで働き続けるのではなくて、

速いペースと適切な休息があってもいいのではと思う。

仕事した分に見合った休息をとっては、ダメなのだろうか?

 

6割の集中力ではできないこともあるし、

100%の実力を発揮したいこともある。

それでもからだを壊さないように、

いろんな働き方があってもいいと思う。

 

ということで、

“速く働いた分、休みたい”と、

呟いてみました、ちょっと身勝手だったかな…。

今回はこれで終わり。

統合失調症をもつマルチライターシカマルのおすすめ記事10選!

2018.10.29

【AKARIの新しい取り組み】
あなたの声をAKARIにしよう!

小さい声だと届かない思いを、AKARIを使って社会に発信しませんか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

30代になりたて、統合失調症&適応障害持ちの、元教職員です。生物学が好きで、TANOSHIKAの仕事でなぜなに生物学を企画したり別に生物サイトを立ち上げたりしています。生物学習サイト「高校生物の学び舎」をはじめました。(↓のwebsiteをクリックで閲覧できます)