うつ病viviのメッセージ「道は、開ける!可能性は無限大!」

この記事は約 4 分で読むことができます。

うつ病viviのメッセージ「道は、開ける!可能性は無限大!」

 

今、仕事先で困ってるあなたに、届けます。
viviからのメッセージ第一弾。

私は、これでも、元ホテルマンです。
ホテルという職場は、最高に幸せな気持ちにさせてくれました。

でも、私は、そんな最高に幸せな気持ちにさせてくれたホテルを辞めました。

初めは、復帰するつもりでした。

たくさんのいろんな経験を積んで。

でも、戻りませんでした。

戻るには、まだ、経験が足りないと思ってたからです。
そして、気がついたら、ご存知の通り、このありさま。

だけど、後悔はしてません。

なぜなら、ホテルという限られた狭い業界から、飛び出したことによって、たくさんの人に出会い、たくさんの経験を得たからです。

辞めるという決断をするのは、容易ではありませんでした。
ずいぶん、多くの人から止められました。
それでも、最後は、心よく送り出してくれました。

辞めようと思ったきっかけは、ホテルの派閥争いです。

ホテルのトップから、分裂してました。

そこは、某ホテルが、新しく建設した新館で、スタッフは方々から引き抜かれてきた、よりすぐりのホテルマンたち。

私は、一般応募で採用枠を勝ち取りました。
仕事は、ホテルの顔。フロントデスクです。

若くて、そこそこ実力と経験のあった私は、すぐに、巻き込まれました。

元からいる陣営と新しい陣営。
対立は、あからさまでした。

火の粉は、上だけではなく、下にまで飛んできました。

オープンして間もなく、私に、お客様から一通のハガキが届きました。
お礼のハガキで、私の接客応対に感銘を受けたとのこと。

すぐに、ホテル中に広がりました。

もちろん、元からいる陣営にも。

私は、それから、やたらと、注目されるようになりました。

ねたみや、やっかみ、たくさん受けました。

その反面、元からいる陣営から、仲間も増えました。

気が付けば、リーダー的な存在になってました。

そしたら、余計に、居心地が悪くなって、
私は、次第に、派閥の中心部へ押し上げられました。

とても、不本意なことでした。

できれば、好きな仕事だけをしていたかったからです。

私は、フロントに立ってる時以外は、心ここにあらずでした。

日ごと、元気をなくしていく私に、皆は、励まそうとしてくれましたが、逆効果でした。

私が、なんで、元気がないのか、誰も、知らなかったからです。

私は、戦いたくなかった。

でも、どんどん、引き込まれます。

そこで、考えました。

もう、終わりにしよう。

このままでは、真のホテルマンにはなれない。
ホテルの外に飛び出そう。

そして、一から出直そう。

ホテル以外の世界が見てみたい。

そうして、退職。

退職後は、転々としました。
全てはホテルマンになるために。

どこにいっても、そこそこ、いい仕事ができました。

でも、ある日、気が付いたのです。
これが、全てでないことを。

結果、夢をあきらめたようになってしまいましたが、私は多くのことを得ました。

そして、今、七転八起して、ここにいます。

ここで、「メッセージを発信する」
これが、私の役目です。

これまで、経験してきたことを文章で伝えるのことが仕事のひとつです。

人の可能性は、無限にあります。

こんなこともできたのかと思います。

いい仕事に、巡り合うこと。それは、出会いです。

出会いは、チャンスです。

必ず、いつか、出会います。

そして、出会いは、何度も訪れます。それも、必然的に。

だから、大丈夫。

外にでることを怖がらないで。

対立や摩擦は、よくありません。

あなたのために送ります。

それが、一期一会の出会いだとしても、あなたを成長させてくれます。

viviからのメッセージ。
これは、当時の自分に当てたメッセージでもあります。

あなたの可能性も無限にあると思います。
チェンジはチャンスです。

決して、戦ってはいけません。

傷つくのは、あなたです。

それより、新しい出会いを見つけましょう。

その方が、より、あなたのためです。

道は、開けます。自分を信じましょう。

うつ病viviの気持ちや体験談がわかるおすすめ記事12選!

2018.10.25

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

うつ病と闘うアラフィフ。おまけに、腰部脊柱管狭窄症!踏んだり蹴ったり。のんびり穏やかに毎日を送っていきたいと思ってます。個人のブログサイト始めました。(閲覧は↓のwebsiteをクリック)