「腎生検」知っていますか?

持病「微小変化型ネフローゼ症候群」を判明させるために

「腎生検」を受けました。

ですが、持病について話す時、腎生検についても話しますが
知っている方は数少ないです。
「え、何それ?」って聞かれるのがオチです。

この記事を読んでくださっている方、腎生検を知っていますか?
今回初めて名前を聞いた方が多いのではないでしょうか?

・こんな検査がある
・他人ごとじゃない

と知ってもらえたら幸いです。

腎生検とは

腎臓から組織をとる手技・操作」のこと。

蛋白尿、血尿、腎機能低下などの腎臓病を患っている患者さんにとって
はっきりと診断をつけ、最もふさわしい治療法を決定するために、
腎臓の組織の一部をとり、顕微鏡で評価する検査をします。

つまり患者もお医者さんとしても効果のない治療をしても意味がないわけで、
原因を究明するためにやる、これにより病名が決まるんですな。

腎生検の方法

(1) 麻酔を筋肉注射で打つ

(2) 腎臓は背中側にあるので、ベッド上でうつ伏せになる

(3) 超音波検査で腎臓の位置を確認

(4) 背中から細い針(生検針)を刺す

(5) 生検針が腎臓の近くに達したところで、息を止める

(6) 腎臓に生検針を刺し、腎組織を採取してから、針を抜く。
息を止めてる間に針をブスっと挿し、腎臓の組織を取る。「ガチャン!」の音が一回分の採取でこれを2~3回。
採取する腎組織は、太さは鉛筆の芯くらいで長さは1〜2cm程度。

(7) 腎生検終了後には、約5〜10分間背中から腎臓を圧迫して、出血を止める。

(8) 1日、仰向けでベッド上で安静が必要です。座ったり、立ったりは一切不可。

正直、あーっという間に終わります。
ガチャンと音はするけど、いつ取ったんやろ?って思うほど。
記憶もあるし、打った痕跡も右の脇腹付近にあります。

最初に打った筋肉注射の方が、ものごっつ痛い。

そして、ベッドに寝た状態で大部屋から検査室に連れて行かれる方が精神的にきつい。

注目の的ですよ。

目立ちたがりな性格ではあるけど、こんな形では目立ちとうない。

腎生検に関する説明と同意書の書類に沿って説明を受ける

腎生検は、検査による危険性や合併症が起こる場合があります。

そのため、検査前に同意書を書きます。

え、ここで命の危険性を考えなきゃならんの?

って頭の中で考えていましたが、
実際2〜3件死亡するケースは起きています。

ここで、「そんなもんか」と思わないでください。

自分に当たる可能性もあります。

なりたくてなったものじゃ無いんです。

自分が当事者になったら同じことが思えますか?

人間、こういう時に生まれてきたことの意味や
当たり前と思っていることが当たり前でない
などに気付くんですね、恐ろしいもんだ。

腎生検後、一番つらかったこと

トイレに行けないので、尿道カテーテルを入れたこと。

腎生検よりもしんどい。もう二度としたく無い。泣いたもん。

管が身体の中に入っている感覚。
取りたいのに取れない気持ち悪さと、ずっと刺さっているから痛い。
検査後なので、身体がだるい。

ご飯も自分で食べられない。

腎臓は血管の豊富な臓器。針を刺した後は必ず出血があります。

仕方のないこととは言え、もう二度としたく無い。(2回目)

管から流れる尿や自分の尿が溜まった尿袋を他人(看護師や主治医、家族)に見られる
なんとも屈辱的で情けない気持ちにさせられる行為。

これ、男性女性関係なく、辛いもの。

大部屋だったので、痛い、キツいも中々言えなかった・・・
自分の声とか同室の方に聞かれるのを嫌っていたので。

なんか良い解決方法ないんですかね、これ。

まだオムツとか敷きパットの方が良いよ。

検査結果はすぐに出ない

検査結果、すぐに出ないんですよ。

早い人で、1泊2日で帰れます。
絶対安静も半日の人もいるので

ただーし腎生検で入院したからといって、
直ぐに結果が聞けるわけでもないし腎臓が良くなるわけではない。

わたしは、満2カ月入院を宣告されていたので、
とにかく早く病名判明して、正規治療開始してくれ!って念じました。

まとめ

腎生検よりも、その前後が本当にキツかった印象です。

5年経った今でも、時々針を刺した部分が痛いなーってことも。
雨の日に古傷がうずくってありませんか??

あの状態ですね。

結果、「微小変化型ネフローゼ症候群」だって判明したし、
治療もできた。死なずに済んだので良かったです。

健康第一とはよく言ったもんです。

こんな検査もあるんです。

他にも知らない検査方法や悩みを抱えている人が多いはず。

少しでも、少しでも興味を持ってもらえたら嬉しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

23歳ライター▼うつ病発症→1年で高校中退→高卒認定を取得し、指定難病「微小変化型ネフローゼ症候群」発症も大学を4年で卒業。地方経済雑誌記者を9ヶ月で退職し、フリーのライター、モデルで食ってます / 難病×不登校×うつ病について発信▼note:https://note.mu/maria_nkym/