ぼくの病休記録#1「もうろうから快活へ」

この記事は約 4 分で読むことができます。

はじめに

「病気休暇をとっている人は、どんな風に過ごしているんだろう?」、と思ったことはありませんか? 元気にしているだろうかと心配したり、または病気で休むなんてだらしがないと批判することもあるかもしれません。今回、私は10日間ほど体調を崩してお休みをもらったので、せっかくだからつけていた病休記録を公開しようと思います。なお、休んだ期間は6月9日から6月19日までです。複数回に記事をわけることにします。

2018年6月11日(月)

翌日に振り返っているのだが、ほとんど記憶がない。

朝起きてまず会社に電話して、しばらく休みをもらいたいと伝えた。
前週の土曜日は、あまりにも調子が悪くて無断欠勤をしてしまい、そのことも謝った。

そのあとまた寝たのだろうか。
次に思い出せることは、昼過ぎに主治医のもとへ行き、仕事を休みたいと話したことだ。
2週間を目安に休むとよいでしょうということで、少し安心した。
また、飲み始めた抗うつ薬を1日1錠から2錠にしてもよいと言われたが、これはまだ1錠で進めることにした。

帰宅後、職場に電話し、2週間の休暇をお願いした。
そのときは、完全に脳がフリーズ状態になって頭が回らなかったので、詳しくを話せずに電話を切った。
相当疲れていたのか、また寝て、夕食をとったあとは眠ってしまった。

2018年6月12日(火)

起床時刻8時40分、朝の目覚めはよかった。

「今日は日曜日だっけ?」、と少々機嫌よくぼけていたが、目が覚めてくると肉体的な疲労感に襲われ、再び横になった。
横になった状態で昼になり、何か気分転換をしようとゲームを手に取った。
「休暇中なのに?」、と思われるかもしれないが、こういうときは気分がよくなるようなことをするに限ると思う。
しかし、長くは持たず、疲れてまた横になった。

夕方になり、職場に電話をした。
先日は脳がフリーズしていてろくに話せなかったので、事情を話すことが目的だった。
電話をして事情を話し、改めて休ませてもらうことの許可をもらうとともに、抱えていた仕事ができないことへの申し訳なさを伝えた。
「持ちつ持たれつですから、大丈夫ですよ。」、とありがたくも気を案じてもらい、経過をまた電話しますと伝えて通話を切った。

ここ3日間ろくに動かなかったせいか、足がよろよろになっていたので近所を散歩した。
夕食前と夕食後に1回ずつ行った。
2回目の散歩のあとでようやく足の感覚が戻り始めたが、座ったり横になったりリラックスすると、どうも足が麻痺しているような感覚に陥った。

20時をまわり、特にすることもなくなったので、“病休記録”でもつけてみるかと思い立ち、今こうしてパソコンで打ち込んでいる。
これは仕事にもなるけど、それ以上の意味もあるかな、と思った次第。
ここまで打ち込んだところで今日はへろへろなので、残りの時間はのんびりすることにする。

2018年6月13日(水)

起床時刻6:00。
こんなに早く起きたのは久しぶりだ。
眠りの質がよかったようで、目覚めはかなりよく、二度寝することもなかった。

朝食をとり、朝の涼しいうちに散歩をした。
昨日の散歩がよかったのか、足の調子は少しよくなっていた。

その後、朝一番でスーパーで買い物。
今日は母の帰りが遅く自分で夕食を用意しないといけないので、食材を買いに行った。
帰宅後は夕食の仕込みをし、それで午前は終わった。
午後は本屋に行き、専門書を買った。
自分のプログラミング技術が未熟なので、良書を求めて行った次第。
検討はつけていたので、本屋では時間はかからなかった。
帰宅後、買った本を読みながら、仕事の可能性を探る。
とはいってもまだ療養中、1時間ほどだらだらと読んだだけだった。
夕方は温水プールに行って、1時間ほど運動した。

心身ともに優れた1日は、本当に久しぶりだった。
振り返ってみると、5月の記憶がほとんどない。
私は調子が悪いときは記憶が飛ぶ癖があるので、おそらくかなり悪かったのだろう。
病休をもらっておいてよかったと思っている。

20時をまわると、からだの調子がおかしくなってきた。
心臓が苦しく、からだが酷く疲れている。
朝早く起きてたくさん行動したからだろうか、それともプールでの運動がやりすぎだったのだろうか。
だが、頭では疲れを感じていない。
最初は我慢していたのだが、あまりにもおかしかったので、21時には寝る前の薬を飲んで、就寝した。

ぼくの病休記録#2「苦痛の停滞期」

2018.06.26

統合失調症をもつマルチライターシカマルのおすすめ記事10選!

2018.10.29

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

30代になりたて、統合失調症&適応障害持ちの、元教職員です。生物学が好きで、TANOSHIKAの仕事でなぜなに生物学を企画したり別に生物サイトを立ち上げたりしています。生物学習サイト「高校生物の学び舎」をはじめました。(↓のwebsiteをクリックで閲覧できます)