「会いたい」への理由が見つからないので、会いたいを理由にしてみる

この記事は約 4 分で読むことができます。

「会いたい」と願っても、会いたい「理由」が見つからない。

こう言っていた友人が居る。

わたしは「『会いたい』を理由にすればいいんじゃない?」って返したけど
はたしてそれが正解なのか、分からなくなっている。

ーーーーー

よくある。

「是非会いましょー。」

って言っちゃうこと。

みなさん「おー是非!」って返してくれるけど
周りは、公私ともに忙しい人が多く

口約束になっちゃうことは多々。

その中には「会ってどうなるの?」「理由は?」

って返しもあって。

ちょっとさみしいなってなるけど、しょうがないなって
会うのを諦めてしまうことも多々。

まーさみしがり屋なもんだから、
余計に会いたいと願ってしまう。矛盾。

ーーーーー

人は、自分の領域に踏み込まれたくないくせに
他人のことは知りたがる。
その典型は噂だし。

一方で、他人に興味もない人もいるから
ただの井戸端会議が時間の無駄と感じる人も多いだろう。

要件によって、会いたいか判断するのも当然のこと。

ただ奢ってほしい人もいる。
気を遣う接待とか嫌でしょ。

わたしだって、好きな人や大事な友人、先輩とかならスケジュール調整してでも会う。
自分にとって優先順位が低い人からの誘いを断ることある。

そこに「申し訳ない」気持ちはあまり生じなくて。
(ごめんなさい)

あー自分の気持ちを優先しているなって実感する瞬間でもある。

ーーーーー

わたしは、お酒は飲まないけど
居酒屋の雰囲気は好きで。

みんながお酒に徐々に支配されながら顔を赤く染め
笑顔になっていくのを見るのも大好き。

夜にしか話せない
仕事、恋愛、人間関係
深い深い話が、するするーっと出てくる。

迷いなくベラベラ出てくるのを酒の力って偉大だな。

こんな話を聞きたいなんて、ひどいだろうけど
タバコを吸わないし、外食もあまりしないので

この貴重な時間が、後々
自分の知識や細胞にまでなるのが快感なんだろう。

なんて

冷たいの苦手なくせに、「氷抜きで」が言えず氷大量の炭酸水か烏龍茶を飲み進めながら脳内で独り言。

ーーーーー

こんなわたしだけど、一番会いたいと願う人には

「あいたい」のたった4文字を、声に出して言えない。

TwitterもFacebookもLINEも電話番号も知っているのに

たった4文字を打てないし、声に出せない。
口は開く。でも言葉に出せない。

それこそ理由をつければいいんだろうけど

「いや、時間をいただくわけだし。」
「わたしが会いたいと言う資格はあるのか」

あれこれ頭をぐるぐるかき乱して、考えたその理由すらも
理由になっているのかわからなくなって

ゲシュタルト崩壊を起こし、自己否定まで。

結局出ないまま時間だけが過ぎていく。

だから「会いたい」を理由をにしたいんだ。

あなたにとって、わたしはどんな価値がありますか?

こんな聞かないと分からないことにもうじうじ悩んで

結局はぐらかしたりしてしまう。

こんな失敗なんてもうしたくないと思っても

繰り返す馬鹿な奴がわたし。

ーーーーー

そんな馬鹿はもうしたくないと思っていた矢先にtwitterで

「失礼かもと思って相手に会うことを躊躇する。
この考え自体が失礼」

とあった。

最近こんなことが多くて、
考えていることを見透かされているように感じるけど、

答えを求めているから、必然とやってきたんだと信じ。

上の考えにも少し勇気をもらった。

・自分の弱さを受け止める。
・言霊を信じているなら、理由を明確にさせて会いたいと伝える。
・もー会いたいならそれを理由にしちゃえ。
・素直になりな。自己否定だけはしちゃダメ。会ってくれた人へ失礼だ。
・少しの謙虚さは忘れずに

 

これで、とりあえず行こうと思います。

悩め悩め、その時間が自信につながるだろう。

より悩みまくっているけど、解決策を生み出している
Twitterをフォローして見てね>>>>

1 個のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    ABOUTこの記事をかいた人

    23歳ライター▼うつ病発症→1年で高校中退→高卒認定を取得し、指定難病「微小変化型ネフローゼ症候群」発症も大学を4年で卒業。地方経済雑誌記者を9ヶ月で退職し、フリーのライター、モデルで食ってます / 難病×不登校×うつ病について発信▼note:https://note.mu/maria_nkym/