憧れのアニマルセラピー

この記事は約 4 分で読むことができます。

憧れのアニマルセラピー

 

アニマルセラピーとは?

動物を使ったセラピー手法のことで、日本での造語である。医療従事者が治療の補助として用いる動物介護療法と、動物とのふれあいを通じた生活の質の向上を目的とする動物介在活動に分類されます。動物と触れ合わせることでその人に内在するストレスを軽減させたり、あるいは当人に自信を持たせたりといったことを通じて精神的な健康を回復させることができると考えられています。

私は、子供の頃、犬や猫などペットを飼ってました。だから、家族や親せきに相手されなくても、寂しくはありませんでした。

今でも、命日になると仏壇にお供えをして、供養しています。

動物は、全般的に大好きです。

うちでは、飼えないので、散歩している犬や近所で飼われている犬たちを見ると、近寄って癒されてもらってます。

近所の犬たちは、とても頭がよくて、すぐに、私のことを覚えてくれました。良く吠える犬たちも、私が近寄ると吠えやみ、悲しい顔をしていると「どうしたの?」と言わんばかりに近寄ってきて、ペロペロとなめてくれます。

また、子犬の時から、可愛がっている子は、私が近くにいるとわかると、散歩の途中でも、方向転換をして走って近寄ってきて、お腹を見せてくれます。

猫も好きです。癒しを求めて、病院の近所の猫カフェにいったり、百貨店のネコ展に行ってみたりもしました。

その頃、少し、子供返りをしていて、それまで興味のなかったぬいぐるみを購入して、うちにいる時は、寝る時も、ずっと、一緒にいました。私にできる精一杯の「ぬいぐるみセラピー」でした。それだけでも、ずいぶん、心は癒されました。

購入したぬいぐるみは、等身大の猫のぬいぐるみで、名は「染五郎」。抱きしめて、泣いてました。

今では、汚れてしまって、可哀想になっています。だけど、やっぱり、生きてる温かさにはかないません。テレビで、どんなに動物番組を見ても、犬や猫の持つ温もりが恋しくなるばかりで、次第に、動物番組も見れなくなってしまいました。

うつ病になってから、もう、かれこれ、10年近くなります。

今では、すっかり、薬漬けになってしまいましたが、本当は、アニマルセラピーを受けたかったのです。

近くでアニマルセラピーをしている施設があるのか、そんな情報もなくて、また、自分で調べるまでの気力もなく、当時の主治医に尋ねても「そうですね~」と言われるだけで、それ以上の進展はありませんでした。

今でも、アニマルセラピーには、関心があります。

アニマルセラピーには、馬やイルカなど、哺乳類との交流を通じてのものもあります。

ですが、そうそう、簡単に触れ合いはできません。そうなると、やっぱり、人にとって、一番身近な動物。

犬や猫になります。

アニマルセラピーには、歴史があり、19世紀には、パリで乗馬が麻痺をを伴う神経障害に有効な療法であるという報告がなされ、それ以来、治療法のひとつとして意識的に用いられるようになりました。盲導犬の歴史も古く、紀元前100年にさかのぼると言われています。

また、アニマルセラピーが適応されないケースもあるそうです。

1、アニマルセラピーが適応されないケース

●動物による感染症が心配されるとき
●各種アレルギーが心配されるとき
●動物が嫌いな人に対して

2、人間の存在が動物にとってマイナスになる場合
●動物虐待や世話の放棄などが心配されるとき

1、については、私は問題ありません。2、については、もしかしたら、そう感じ取る犬や猫がいるかもしれません。警戒心の強い犬や猫には、すぐに、声をかけたり近寄ったりする私の存在は、動物にとってマイナスになるかもしれません。この記事を読んで思いました。今度からは、いくら好きでも、動物の為に、気をつけようと思いました。

でも、やっぱり、アニマルセラピーは、今でも憧れます。日々、近所の犬たちに癒されている私には、贅沢なことかも知れませんが、本格的なアニマルセラピー、一度は受けてみたいものです。多分、それを受けたら、私の涙は溢れて、いつか、疲れ果てた心も癒されることでしょう。

うつ病viviの気持ちや体験談がわかるおすすめ記事12選!

2018.10.25

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

うつ病と闘うアラフィフ。おまけに、腰部脊柱管狭窄症!踏んだり蹴ったり。のんびり穏やかに毎日を送っていきたいと思ってます。個人のブログサイト始めました。(閲覧は↓のwebsiteをクリック)