うつ病と感覚麻痺

この記事は約 3 分で読むことができます。

うつ病と感覚麻痺

 

最近、精神的な感覚が麻痺してきた。免疫がついたのかもしれないど、慣れとは恐ろしいものだ。でも、これは、決して、いいことではない。精神的な感覚が麻痺して、うつ病の発作があまり、出なくなった。だけど、その代わり、何か、ふぬけ状態。自分が、また、うつになりつつある前兆と思われる。何かが、崩れ落ちる音がする。頭の中が、真っ暗で何も考えられない。昔のことを思い出す。そういえば、何かに行き詰まると、こうなってた。目の前の仕事はこなせても、ふと、間が空くと、あさっての方向を向いて、ぼんやりしていた。特に、何かを考えているわけではない。ただただ、ぼんやりしているだけなのだ。やる気がないわけではない。やる気はある。だけど、頭の中が、真っ暗で、心に、ぽっかり穴が開いている感じ。私の心の中は、もう、すでに、ボロボロで修復不可能になっている。まだ、ひびが入っていただけの時に、手を打っていれば間に合ったかもしれない。だけど、思ったときは、時はすでに遅し。気がついたら、もう、手の打ちようがなかった。早いうちに、手を打っていれば、ここまでならなかったかもしれない。あれから、8年。いろんな薬物治療を受けて、今では、薬漬け。精神安定剤の飲みすぎか、よく効く処方になったのか、精神的感覚が麻痺してきた気がする。

 

このことを主治医に話したら、なんて言うだろうか。話すのが、なんとなく怖い。良くなっている兆候だといわれたらどうしよう。そしたら、また、病院替わろうかな。今の主治医になって、ここまで回復した。びっくりするぐらい変わった。だから、私は、今の主治医を信じている。きっと、わかってくれる。何かが、私に起きていることを。先日の月曜日。病院の前までいったら、すごく、多くて、中に入るのをあきらめた。他の用事もあったので、後回しにしようと思いつつ、結局、行かなかった。うちに、帰って後悔した。なぜなら、私の大事な頓服薬。精神安定剤が来週の月曜日まで、もちそうにないからだ。ギリギリ。今の調子なら足りるかもしれない。感覚が麻痺しているから。薬を飲んでも、効いているのか効いていないのかわからない。これが麻痺。感情が死んでいるみたいだ。良く言えば落ち着いている。でも、違う。落ち着いているなら、心の中は、空っぽにはならない。今までとは何かが、違う。私は、どうなってしまったのだろうか。やっぱり、麻痺しているとしか言いようがない。早く、主治医に相談しなきゃ。急ごう。これ以上、深刻な事態にならないうちに。

うつ病viviの気持ちや体験談がわかるおすすめ記事12選!

2018.10.25

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

うつ病と闘うアラフィフ。おまけに、腰部脊柱管狭窄症!踏んだり蹴ったり。のんびり穏やかに毎日を送っていきたいと思ってます。個人のブログサイト始めました。(閲覧は↓のwebsiteをクリック)