睡魔

この記事は約 4 分で読むことができます。

睡魔

今日は、ちょっと、お疲れ気味。朝から目覚めも悪くて眠たいまま。いつもなら、仕事に行く身支度をしてから、一眠りしてくるところだけど、今日は、なんだか、眠れなかった。精神的なものもあって、不安とストレス…。不安神経症の方が出ちゃったかな。なんか、心がモヤモヤして、じっとしていられなかった。それと、今朝は、珍しく、お母さんがサンドイッチを大量に作ってくれて、いっぱい食べた。食べたら、余計、眠くなった。今日のこの眠気は、にっちもさっちもいかない。

そこで、今日は、眠気覚ましの方法について、実践しながら調べてみたいと思います。

まず、Googleで『睡魔』と検索してみた。そこで、見つけたのが「睡魔を撃退!眠気覚ましに効果的な8つの方法」

1、耳を引っ張る

両手で左右の耳たぶを持ち、下にゆっくり3秒引っ張たらポンと放す動作を、4~5回繰り返しましょう。仕上げに耳全体をもんだり、上下・左右・斜め方向に引っ張たりすることで、耳全体のツボが刺激され、より、効果的です。

一瞬、眠気が覚めたような気がしたけど、それは、本当に一瞬で、まだ、眠気は取れません。

2、日光やブルーライトを浴びる

日中に直射日光を浴びたり、窓際から外を眺めたりするだけで、睡魔を撃退できます。天気が悪い日や、オフィスで日光を浴びる機会に恵まれない日は、パソコンやスマートフォンのブルーライトでも、眠気を解消できます。

外に出てみました。返って気持ちよくなりました。ブルーライトは、今、浴びてます。まだ、眠気は取れません。

3、人と話す

人と会話をすると脳が働き、眠気が解消されます。

今、休憩時間に積極的に、コミュニケーションはかってきました。なんか、安心してしまって、余計、眠たくなりました。

4、カフェインをとる

コーヒーや緑茶などに含まれるカフェインは、脳にたまった睡眠物資の働きをブロックして、眠気を払う作用があります。

コーヒー毎日、飲んでます。今も、飲んでます。カフェインに対して、免疫ができているので、効果はありません。

5、アイソメトリックス

アイソメトリックスとは、関節を動かさずに筋肉を収縮させる運動のこと。

「身体が一気に目覚めるアイソメトリックス」

 ①親指以外の4本の指を胸の前で引っ掛けるように組む

 ②両手を外側に向かって、思いっきり引っ張りあう

 ③背中の肩甲骨をよせるイメージで、10秒ほど続ける

 ④胸の前で両手を合わせる(両指を組んでもOK)

 ⑤腕が水平になるように肘をあげ、両手を内側に思い切り押し合う。これを10秒ほど続ける

6、ガムをかむ

これは、ダメです。仕事中ではできません。それから、個人的にガムは、あまり好みません。

7、冷水での洗顔

化粧してます。うかつに洗顔できません。

8、睡魔を撃退するツボ

睡魔が襲ってきた時は、ツボを押すとはっきり目が覚めることもあります。

「目のまわりが重い時」

・押すツボ

眼がしらの、やや上、骨がカーブしているところの角の裏側にある「清明」というツボ

「頭が、ボーっとする時」

・押すツボ

後頭部の髪の生え際で、首の中心にある「僧帽筋」のすぐ外側にある「天柱」というツボ

【ツボの押し方】

親指の第一関節を曲げて、指先で頭の中心に向かって押し上げる

これは、少し、効き目を感じます。書かれているツボを押すと気持ちがいいです。でも、まだ、眠気は取れません。

結局のところ,やっぱり、何を試すより、10分でもいい一眠りするのが一番、てっとり早いみたい。あとは、外の風に当たること。体を動かすこと。あ~早く、帰って一眠りしたいな。今日を乗り越えれば、2連休。あと、すこし頑張ろう。

うつ病viviの気持ちや体験談がわかるおすすめ記事12選!

2018.10.25

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

うつ病と闘うアラフィフ。おまけに、腰部脊柱管狭窄症!踏んだり蹴ったり。のんびり穏やかに毎日を送っていきたいと思ってます。個人のブログサイト始めました。(閲覧は↓のwebsiteをクリック)