うつ病の治験

この記事は約 3 分で読むことができます。

うつ病の治験

 

私は、今年に入ってから病院の先生に「うつ病の治験」の話をすすめられてました。

だけど、2月になって、その話がなくなり悔やみ切れせん。

どうして、私は、できないの?治験も実験です。私ぐらいの、うつ病では実験にならないそうです。

私は、うつ病の身体症状が、とても酷くて、精神的にも、まいってます。なのに、治験が受けられない。

治験を受けられると知った時は、正直、とても嬉しかったのですが。これで少しでも楽になれるかも。それに、賭けてました。これ以上、精神安定剤の頓服薬を飲みたくないし、いつまでも、苦しみたくない。病院にいくたび思います。

今度こそ、先生に言おう。「治験を受けてみたい」と。だけど、先生の前に座ると、言えません。毎日、苦しいとは伝えているのですが、治験のことまでは言えません。「先生、やっぱり治験受けてみたい」その一言が言えないのです。

『治験』とは、普段、病院で薬局で処方されている薬は、いずれの薬も、多くの研究プロセスや厳しい審査を得て誕生しています。

対象に『治験』とは、いわば新しい薬を生むための最終試験。実際の患者さんを薬の有効性と安全性を確認するための臨床試験のことを意味します。薬の候補である『治験薬』を用い、多くの患者さんに協力いただいて実施されるのです。また、一般の診察より詳しい検査や診断が行われ、自分の体や病状をより詳しく知ることができます。治療方法の選択肢が増え、効果の期待ができ薬や最新の医療をいち早く受けることができるのです。

だからこそ、治験を受けて、改めて、自分の体や病状を知りたいのです。もちろん、新薬を使うので、副作用やアレルギーなどの心配もあります。だけども、受けてみたい。そもそも、中止になったのには、理由が他にもあります。

たまたま、新しく処方された薬が、予想以上に効いて、日中の調子がよくなったからです。でも、今はもう、その薬にも慣れてしまって、前よりもひどくなった気がしてます。「お風呂上がりの憂うつ」だけでは、なくなっってきているのです。

その薬に慣れる前は、朝から、ギラギラして、少し元気になっのてきた気がしてましたが、なんか、違う。

薬の副作用かもしれませんが、また、朝から眠い。日中も眠くて、どこか、気分も落ち込んでます。プライベートなことで、悩みが生じているのも原因の一つかもしれません。

ちょっと、ノイローゼ気味になってます。

早く、元気になりたい。

その為にも、先生に話さなければなりません。

それか、せめて、薬を変えてもらうこと。

眠い。どうしようもなく眠い。やっぱり、副作用だろうか。頓服薬の飲み過ぎか。「いきすぎた早寝早起き」の関係か。

なんとかしないとと思えば思うほど、苦しくなる。、今、薬を飲んだ。少し、落ち着いた。薬で眠気が少し治まるのもおかしな話だけど、どうやらそうらしい。ところで、『治験』の話の続きだけど、治験を受けると謝礼金という形で、お金を稼ぐこともできるみたいですよ。

そういうことをして、バイトしてる人もいるそうですよ。私は、確かに、そのお金にも興味はあるけど、やっぱり症状の改善・本当の自分のうつ病のタイプなどを知って治療を受けたいです。今度こそ、話そう。

もう、きついのは嫌です。根気よく、先生にお願いしてみます。そして、今度こそ、元気になって、立ち上がりたい。そう、思う今日この頃です。

うつ病viviの気持ちや体験談がわかるおすすめ記事12選!

2018.10.25

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

うつ病と闘うアラフィフ。おまけに、腰部脊柱管狭窄症!踏んだり蹴ったり。のんびり穏やかに毎日を送っていきたいと思ってます。個人のブログサイト始めました。(閲覧は↓のwebsiteをクリック)