発作のときの肩こり

この記事は約 4 分で読むことができます。

今日は、独り言。発作の時の肩こり、これは、たまらんです。とにかく、背中に違和感を感じて肩甲骨のあたりの筋肉がこります。背中から、倒れこみたくなります。私は、決まって、背骨の両側にある肩甲骨にシップ2枚張って、肩こりに効くアロフト20mgを1錠と精神安定剤を飲みます。後は、ひたすら、マッサージ。原因は、ストレス。イライラすると、てき面です。これは、私のうつ病の身体症状で、他にも腰が痛くなったり、太ももがもぞもぞ、もみほぐしたくなったりと大変です。大抵、この発作が起きるとじっとしてられないので、のたうち回ってます。夜中、夢見が悪くて、寝起きが悪い時も、この発作が起きることがあります。実は、今も、背中に、湿布を張ってます。昨夜、お風呂に入る前、片付けものをしてたら、これが始まりました。お風呂に入っても治らなくて、風呂上がりに湿布を貼ったら、すぐ、効果が出て、背中がスースーして、気持ちよく、珍しく気持ちよく眠れました。片付けものというのは、季節の頃も衣替えの続き。急に思いついて、「そういえば、あれもだった!」とクロゼットを開けて衣装ケースを出して引っ張りだしてたら、あっという間に、また紙袋3つ分。うんざりして、ため息ついた途端の出来事でした。今では、考えられないくらい、羽振りが良くて、ちょっと、買い過ぎたみたいです。「もったいないことをしてる」「でも、仕方ない」「あの頃は良かった」「今は、どうにも落ちぶれたものだ」そんな思いが私を発作に導きました。私は、本来、気が短いのです。のんびりすよるうにしてますが、そうしてると、気がソワソワしてきて、それがストレスに変わります。やりたいことは、すぐに手をつけたい。それに、思い通りにならないとイライラしてくる。単なるわがままと言っては、それっきりですが…。今、思ってること。それが、必要なことなのか。「不必要」といわれることが怖くて口にも出せない。でも、したい。我慢ならんのです。

医療事務をもう一度、勉強しなおそうと思って、通信講座を申し込みました。それに、伴う資料もとりよせるように手配しました。だけど、それが、できるかどうか、私が、今、思ってるほど、やる気があるのかは、正直、わかりません。でも、今のままじゃいけないと思うのです。今のままでは、どんどん気分が滅入ってしまう。ここ、数カ月。発作がひどいのも、そこに原因が、あるのかもしれません。同じパソコンに向かうなら、自分のためになること。考えてると、また、具合が悪くなりそう。どことなく、肩がこってきたような。先日、病院で、新しい頓服薬を処方してもらいました。それは、どうにもこうにもいかない時に飲む必殺薬。薬を飲み過ぎる私は、注意しなければなりません。今まで飲んできた薬に慣れ過ぎてしまってるからです。ストレスに対して強くなりたい。この状態がいつまで続くのか不安。時間よ回れ。早く、早く。そうしないと窒息死してしまいそう。今は、昼休みがきつい。昼休みがきついから、午後からが、きつい。前は、こんなんじゃなかったんだけどな。物書きが楽しかった。そろそろ、行き詰ってきたかな。でも、パソコンがしたい。今、私に必要なのは、気分転換。あー肩こりがしてきた。イライラする。おかしいな。薬のんだのに。やりがいが欲しい。やっぱり、医療事務の勉強かな。今の状況から脱却。なんとかせねば。肩こりも発作も治まらない。イライラも不安も治まらない。でも、焦らずゆっくり、ゆっくり。明日も休みだ。今日を乗り越えれば、また、明日、なんとかなる。その繰り返し。そうしていれば、どうにかなると信じてないとやっていけない。私は、TANOSHIKAで頑張っていく。短気だけど、穏やかに穏やかに。怒っちゃいけない。怒りたいけど怒っちゃいけない。もどかしいけど、仕方ない。さて、次は、何しようか。今日は、すっかり、独り言になってしまった。

うつ病viviの気持ちや体験談がわかるおすすめ記事12選!

2018.10.25

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

うつ病と闘うアラフィフ。おまけに、腰部脊柱管狭窄症!踏んだり蹴ったり。のんびり穏やかに毎日を送っていきたいと思ってます。個人のブログサイト始めました。(閲覧は↓のwebsiteをクリック)