アラフィフの悩み

この記事は約 3 分で読むことができます。

私は、そろそろアラフィフだ。アラフィフというのは、年齢が50歳前後のこと。アラフィフにして、独身。子供なし。うつ病。その他、大人の事情有り。アラフォーで、うつ病。気がついたら、アラフィフになった。なんてことだ!もちろん、それまでは、浮いた話の一つや二つ、もっとあった!でも、「結婚」となると、逃げ越しになった。仕事を理由に逃げた。だけど、今、思うと、もったいないことをしたかもしれないと思う。でも、やっぱり、独身貴族はいい。気が楽だ。そもそも、今、私に、旦那や子供、しゅうと、しゅうとめが、いたらと思うと、ぞっとする。自分のことで、精一杯。よく、精神科で子連れをみかけるけど、どうなっているのかと思う。見かけると、結構、元気そうだ。どこにでもいる、普通のママに見える。育児ノイローゼとか、何かあるのだと思うけど、実際のところ、病を抱えての育児・家事は大変だろうなと思う。私なら、耐えられない。「母は強し」とは、よく言ったものだ。アラフィフになると、体調もすぐれなくなる。もしかして、更年期?と思うこともある。更年期の不調の理由は、女性ホルモンの分泌量の低下。女性ホルモンには、脳や血管、骨などを強く保ち、皮膚や粘膜に潤いを与える働きがあり、更年期にはこれが一気に減ってゼロに近づくそうです。この減少によって全身に不調があらわれるほか、ホルモンバランスの著しい変動に影響されて、自律神経のバランスが乱れやすく、心も不安定になるそうです。

 

【これから起こる体の変化ランキング】

1位 顔や髪などの美容上の変化

2位 目や歯の変化

3位 内臓脂肪やコレステロールなど生活習慣病の発症のリスク

4位 生理不順や婦人科系の病気

5位 体力や運動能力の低下

 

更年期症状がなかった、不調の時期を抜けた、だから、大丈夫というのは間違い。女性ホルモンが減少すると、骨粗しょう症、高脂血症、動脈硬化などのトラブルが起こりやすくなります。この時期こそ、食事、運動、検診などへの意識を高める事が大切。更年期を健やかな未来へのリセット期ととらえ、身体と暮らしを見直すきかっけにと言われています。

 

「更年期」怖いですね。誰しもかれしも、乗り越えなければならない時期。こんな時期が近づいてるなんて思いたくないですね。私は、TANOSHIKAにくるまでは、白髪に悩んでました。カラーリングをしても、次から次に生えてくる白髪。嫌でした。でもTANOSHIKAにきてからは、白髪は生えなくなってきました。それまで、働くことから逃げてきたせいもあるのでしょうね。今では、そんな悩みはありません。(他のプライベートな悩みはありますが……。)ただ、太ったこと。女性ホルモンのバランスの乱れから、女性の中年太りというのもあるようですよ。私は、それかも知れないと、最近、強く思います。あとは、若いころ、痩せてたから。あの頃は、何を食べても、夜食をとっても太らなかった。(あ~あの頃に戻りたい)そんな生活のリバウンドかもしれません。薬が変わったせいで太った、運動不足で太ったと思いたいけど、中年太りときくと、どこか納得してしまいます。立ち向かわなくてはならない悩みが多々あります。こうした問題を含め、あらためて、自分と向き合わなくてはいけませんね。みなさんも、気を付けましょう。そうそう、更年期は女性だけの問題では、なくなってるようですよ。男性もご注意を。

うつ病viviの気持ちや体験談がわかるおすすめ記事12選!

2018.10.25

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

うつ病と闘うアラフィフ。おまけに、腰部脊柱管狭窄症!踏んだり蹴ったり。のんびり穏やかに毎日を送っていきたいと思ってます。個人のブログサイト始めました。(閲覧は↓のwebsiteをクリック)