ハグの効果

この記事は約 5 分で読むことができます。

34月、出会いや別れの季節がやってきました。卒業式、入学式、入社式、引っ越し・・・・人の流れが激しくなりそう

そこですることと言えば、記念撮影だったり、それこそ荷造りだったり、握手だったりするのでしょう。花粉症で構ってられんって人もいるかな?

その中で、ハグってどれくらいすんの?

ハグって何か凄いらしいよ

「ハグは1日のストレスの1/3を和らげる」とTwitterで見た記憶があります。

その時は「は」と無関心だったのですが、よく考えたら、人から抱きしめてもらったときの心地良さったらないですよね。まぁ相手によるかもしれませんが。

兄弟姉妹、彼氏もいないわたしは、小中学生時代からの友人に会うとよくひっつきます。そしたら、ギューってしてくれます。ありがたし。

そして、ちびっ子がいると抱っこしたくなります。子どもの体温は、真冬でも「熱い!」と感じるほど放出しています。冷え性の私には、本当にうらやましい限りです。

何でストレス解消になるんでしょうか?

人肌が恋しいのでしょうか。ハグしてもらった経験が少ないからでしょうか。寂しいからでしょうか。ストレスが溜まっているのでしょうか。暖を求めているのでしょうか。分かりません。

ただ、落ち着きます。はい。1円もかからず心を満たしてくれます。スマイル0円と同じですかね。すーっと気持ちが穏やかになっていく感覚です。

中々「ハグしよー」と言えないものでしょうが

ただ、日本人にはハグの文化が無い。

兄弟姉妹がいないので詳しくは分かりませんが、親族関係だとすこぶる嫌がられそうなイメージがあります。

相手が反抗期なら尚更です。ハグ以前に喧嘩沙汰になりそう。あー恐い

そこで活躍するのは街中で「Free Hugs」ってボードを持っている方々。わたしは見ず知らずの方と行うことには、か・な・り抵抗がありますが、謙虚過ぎる日本人には、この様なスキンシップは足りないから良い事だとは思います。

隣人さんを知らない、会っても会話が続かない。名刺交換から始まる商談・・・そんなことが当たり前の世の中になりつつあるかなって感じるので。

心の距離を計り過ぎるのでしょうか。いや、「こうしたら相手はどう思うだろう?」と相手の都合、気持ちを自分で勝手に解釈してしまうのかもしれない。

ちなみにハグの文化は、武器を所有していないことを示すために、西洋で生まれたもの。

日本では刀を持っていると見えているために、必要はありませんでした。距離感のあるお辞儀が生まれたのも、ここから

日本人の距離を保つ精神は、長年の文化からなんですね。抱き枕が好きなのは、甘えにくさからかも。

成人した身だから、ダメだとストッパーをかけている可能性もありそうです。身体は成長しても、心はまだ子ども。素直に「ママだっこー!」と言えるちびっ子が少し羨ましいです。

記憶として焼きつく、体温を感じれば

ちょっと関係ないかもしれませんが、先日、一番大好きなアイドルグループのコンサートへ行きました。そこでメンバーの一人の手に触れることが出来たのです。思い出すたびに触れた所がジンジンしてきます。

また、一番応援しているメンバーとは何秒か目が合いました。その後、私は崩れ落ちました。泣きました。

2時間半の公演で内容盛り沢山で情報の整理が上手くできない中でも、そのことは鮮明に覚えています。人肌に触れて、目線が交差して、体温を感じることが、記憶として焼きつくのでしょう。

握手でも、頭ポンポンしてもらうのでも良いのです。目が合うでも、一瞬触れるだけでも。自分が嬉しくなったり、ほっとするなら。その出来事は、いつまでも心を満たしてくれます。

これは、ハグをしましょう!などということではないです。わたし、ストレス溜まっているよ、ハグして!でもないです。

ただ、人の体温を感じたとき、何かに包まれるような、自分を肯定してくれるような気持ちになるんだろうなーと思ったから書いてみました。

社会でも、両親や友人、それこそ恋人でも

「何か付き合うのに息苦しいな」「言葉にできないけどモヤモヤするな」「さみしいな」

なんでもいい。いきなりだったら驚かせちゃうかもしれないから、

一回「ぎゅー」ってしていい?なんて聞いてみてください

もし、彼氏彼女さんで上手くお付き合いをされているなら、相手は喜ぶんじゃないでしょうか?私なら喜びの舞でも踊りますよ

Twitter:maria_nkym

プロフィール:高認取得→指定難病を持って現役大卒→経済雑誌記者を9カ月で退職。ライター(https://akari-media.com/ )を下通コワーキングスペース「未来会議室」スタッフと並行中/イラスト描き×モデル×司会業×取材/自分で稼ぐ力を勉強中で、ジャニーズWESTと🍅、99%カカオチョコが大好きです/お仕事ください!

【AKARIの新しい取り組み】
あなたの声をAKARIにしよう!

小さい声だと届かない思いを、AKARIを使って社会に発信しませんか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

23歳ライター▼うつ病発症→1年で高校中退→高卒認定を取得し、指定難病「微小変化型ネフローゼ症候群」発症も大学を4年で卒業。地方経済雑誌記者を9ヶ月で退職し、フリーのライター、モデルで食ってます / 難病×不登校×うつ病について発信▼note:https://note.mu/maria_nkym/