うつ病viviの悩み「レム睡眠とノンレム睡眠」

この記事は約 5 分で読むことができます。

私は、以前まで23時に睡眠薬を飲んでベッドに入ってました。

20時にお風呂に入って、それから、居間で23時まで眠り、それから一度起きて、睡眠薬を飲んで眠り、1時間~1時間半で起きて、それから、4時ごろまで起きて、うたた寝して6時に起きる。

そんな生活が1年近く続いていました。

しかし、今は、7時半過ぎに1時間くらい風呂に入って、精神安定剤を飲みあさって、ふわふわしてきたころに、睡眠薬を飲んで、21時前にはベッドに入って寝ています。

それが、なんとも気持ちよく癖になってしまいました。

まあ、それでも、早い時は1時間くらいで起きることもありますが、でも、その頃はまだ、寝る前に飲みあさった薬が効いてるので、ふわふわして、また、眠れます。それを夜中に何度も繰り返しているうちに、何とか3時頃までは眠れるようになりました。

疲れがひどい時は、たまには起床時間の6時まで寝てる時もあります。

それと、私は、よく、夢をみます。ちょっとした物音でも起きます。これを「レム睡眠」いうそうです。

「レム睡眠」「ノンレム睡眠」は1セットになっているそうで、一晩の睡眠の中で交互に繰り返して、朝、目覚めるまでに5~6回現れます。大きく分けて二つの睡眠に分けられます。浅い眠りの「レム睡眠」と深い眠りの「ノンレム睡眠」です。「ノンレム睡眠」は眠りが深く、少しの揺さぶりでは、目が覚めることはありません。お昼寝などをした際に1時間など短時間しか寝ていないのに、身体がスッキリと感じるのは、この「ノンレム睡眠」で熟睡し、大脳をしっかり休ませることができたためです。

私は、よく昼寝をしてます。朝、身支度を終えて寝る時もあります。ひどい時は、美容室で髪をカットしてもらってる間に、この「ノンレム睡眠」をしています。

「ノンレム睡眠」ができた時は、とても気持ちがいいです。

また、「睡眠障害」の原因は、精神的なものに多くストレスや不規則な睡眠による生活のリズムがおかしくなったことなどがあります。

私の場合、普通の人には、何でもないこともストレスになりやすく、そのストレスがいつもお風呂上りに「発作」として現れます。

それは、とても苦しく、のたうち回って悲鳴を上げたくなるくらいです。お風呂上がりに、精神安定剤を飲みあさるのには、こういう理由があるのです。

こんな日々を送るようになって、夜の合計の睡眠時間は、増えました。「早朝覚醒」で早く目が覚めますけどね。

「早朝覚醒」とは、起きる時間ではないのに意図する時間より早く目が覚めてしまい、そのまま眠れない状態が続くことをいいます。

主な原因は、「体内時計」がおかしくなってしまってる、もしくは、加齢により眠りが慢性的に浅くなっている、精神的な要因などが挙げられるそうです。

私の場合、うとうと、また眠れる時はいいのですが、早い時は、4時から起きたままの時もあります。一度、完全に目が覚めると、じっとしていられなくなってしまいます。そんな時は、再び、精神安定剤を飲みます。

そして、またふわりふわりとなって、30分くらい眠れます。

私は、母と二人暮らしですが、私がこういう日常を送るようになって、母も一緒になって21時に眠るようになりました。早く眠るのもいいですよ。

先月は電気代が1000円くらい違ってました。

母も何度も起きるようですが、私よりは、よく眠ってます。でも、たまに、私のいびきで寝付けなかったという日もあります。

私は、父譲りのいびきの持ち主のようです。

毎回では、ありませんが、疲れてるときや薬がよく効いてる時などに、ひどく、それが現れているようです。

時々、自覚症状があります。

自分のいびきで、びっくりして、一旦、目が覚めるのです。「誰?」と思うこともありますが、そこは、すかさず、母が、「あんたよ!」と言ってきます。「すごい、いびきね」と笑われてます。

こんな私でも、以前は「過眠症」でした。

「過眠症」とは、夜間、十分な睡眠をとっているにも関わらず、少なくとも3カ月以上に渡って日中に耐えがたい眠気が生じる状態です。

その眠気の為に、社会生活、学校生活に支障を生じていれば「過眠症」の可能性があります。

また、眠気を自覚していなくても、仕事中や授業中に(気づかないうちに)眠りに落ちているという状態も同様に「過眠症」の可能性があります。

「過眠症」の頃は、一日中、寝ていました。薬がよく効いていたという理由もありますけどね。

でも、そりゃあもう、眠たかったです。

今は、眠れない方になってしまいましたが、今でも、休みの日などは、よく昼寝しているので、自分がどっちのタイプなのかわからなくなるときがあります。

うつ病は、寝るのが仕事と言われてます。

睡眠は、大事ですね。

寝すぎても眠れなくてもよくない。

睡眠は、長ければ良いというわけではないそうで、眠りの質がとても重要なんだそうです。どれだけ、心地よく深い睡眠がとれるかで、その人の健康や日々の活力に大きな違いが出てくるとのことです。

今、眠りの質を良くする薬を睡眠薬と一緒に飲んでいます。その薬が朝まで効いてくれたら、どんなにいいかと思います。

私のいきすぎた早寝早起き、それと眠りの質をあげること。これらは、まだまだ、課題になりそうです。長いスパンでゆっくりゆっくり改善していきたいと思います。

うつ病viviの気持ちや体験談がわかるおすすめ記事12選!

2018.10.25

【AKARIの新しい取り組み】
あなたの声をAKARIにしよう!

小さい声だと届かない思いを、AKARIを使って社会に発信しませんか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

うつ病と闘うアラフィフ。おまけに、腰部脊柱管狭窄症!踏んだり蹴ったり。のんびり穏やかに毎日を送っていきたいと思ってます。個人のブログサイト始めました。(閲覧は↓のwebsiteをクリック)